お笑いコンビ・Wエンジンのチャンカワイが、TBS系金曜ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署 刑事課神崎・黒木』のParaviオリジナルストーリー『キワドくなりたい男』に出演することが、わかった。

【場面カット】『キワドい2人』山田涼介&田中圭の”父親”を演じる椎名桔平

 本編に出演するSixTONESのジェシー演じる真面目な若手刑事・諸星一朗を主人公とした今作で、バーのママに初挑戦する。チャンは「回を増すごとに、チャンのママに違和感が無くなっていくはずです。なんなら、第1回からチャンだと気づかない可能性だってあるかも。それぐらい、自分じゃない自分を楽しませてもらいました」と存分に満喫したことを明かした。

 ドラマ本編で難事件を華麗に解決していく“キワドい2人”神崎・黒木(山田涼介、田中圭)バディの背中を追いかけながら、諸星が「一人の男としての自信、一人の人間としての自信」を取り戻していく物語。バカバカしく回り道をしながらも、最後には一人の男として可能性のドアを解放していく諸星の姿を描いていく。

 チャンが演じるのは、諸星のバディである木村ともこ(江口のりこ)行きつけのバーのママ。落ち込んでいる諸星を見かねた木村が諸星をバーへ連れて行くのだが、結局いつも木村やママにダメ出しをされてしまう。頼りない諸星が、徐々に”キワドイ男”に成長していくためのアドバイスをするママ、という重要な役どころだ。ちょっとごっつい見た目とオネエ口調の濃いキャラで、チャンカワイがオリジナルストーリーをより一層盛り上げる。

 出演を受けチャンは「話題作ですし、番宣も観てオンエアを楽しみにしていた側だったので、めちゃくちゃビックリしました。だからこそ分かります。チャンにオファーが直球で来る訳がない。きっと、キャスティングが二転三転してからのチャンに着地したに決まってる。なので逆にのびのびと、フルパワーで挑ませていただきました」と手応え。

 これまでにも芝居経験はあるもののママ役は初挑戦。「そんな時に役に立ったのが、芸能界の先輩などに連れてってもらったバーの経験でした。そこのママには、以前こう言われました。『アンタは心の中に同じモノを眠らせてる。起こしてないだけ。』今回、とうとう開放しちゃいました。演技中、気持ち良かったです」と目覚めたチャンの熱演にも注目だ。

 また、「ジェシー君も人懐っこいし、江口さんも話が面白いし、それでいて本番は二人ともビシッと決めてカッコよかったです。現場にいる皆さんも全員優しくて、慣れない僕をガッチリサポートしてくださいました。約2ヶ月半乗り越えたチームワークを贅沢に味わっちゃいました」と和やかな現場の模様を報告している。