歌手・藤井フミヤが、11月3日・奈良を皮切りにホールツアー『ACTION』を開催することを発表した。「今だからこそ、心が盛り上がるコンサートを届けたい」との強い思いから、ソロの楽曲に加え、チェッカーズナンバーも演奏する予定だ。

【写真】7月には無観客ライブ配信を行った

 藤井は、今年1月より、指揮者・西本智実との共演によるフルオーケストラ公演「PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2020 藤井フミヤ meets 西本智実」(4都市7公演)を予定していたが、3月3日以降の3公演は自粛を余儀なくされた。4月より予定していた藤井尚之との兄弟ユニット・F-BLOODとしての全国ツアー「F-BLOOD LIVE TOUR 2020」は全日程開催中止。8月からシンフォニックコンサートを感染拡大防止に配慮した新たな座席配置で、日程追加して再開させたところだ。

 新たに開催を発表したホールツアー「ACTION」は、政府機関・コンサート開催都市のガイドラインを遵守し、来場者数を定員の半分に設定するなど、新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を最優先にしつつ、11月から来年3月にかけて各地をめぐる予定。

 「コロナが完全に終息するわけではないというのが分かってきた今、ここから新しいスタイルでのツアーの幕開け」と、藤井。ツアータイトルは、敢えて、シンフォニックコンサートの“静”と対象的な“動”のイメージ「ACTION」を選んだという。「ものすごく動きそうなイメージが湧くと思うけど、まあ程良いぐらいに(笑)。あまり声を出したり騒いだりすることはできなくても、心が盛り上がるコンサートをやろう!と。こういう時だからこそ、ライブらしいライブを頑張ってしっかりやると決めた。観客が半分でも、派手なパフォーマンスや演出がなくても、音楽そのもので盛り上がれるライブにしたい」と、語っている。

 バンドメンバーには、尚之もサックスで加わることに。「懐かしいチェッカーズ曲も歌うよ。隠し球もあるからお楽しみに。内容も喜んでもらえるものを準備しているから、ぜひリアルで会いにきてほしい」と、呼びかけている。

■現時点で開催が決定している会場
11月3日(火・祝) 奈良:なら100年会館 大ホール
11月15日(日) 埼玉:大宮ソニックシティ 大ホール
11月21日(土) 東京:府中の森芸術劇場どりーむホール
11月22日(日) 東京:府中の森芸術劇場どりーむホール
11月28日(土) 兵庫:神戸国際会館 こくさいホール
11月29日(日) 兵庫:神戸国際会館 こくさいホール
12月5日(土) 京都:ロームシアター京都 メインホール
12月6日(日) 兵庫:姫路市文化センター 大ホール
12月12日(土) 大阪:フェスティバルホール
12月13日(日) 大阪:フェスティバルホール
12月19日(土) 広島:上野学園ホール
12月20日(日) 静岡:静岡市清水文化会館 マリナート 大ホール
12月24日(木) 東京:LINE CUBE SHIBUYA
※2021年公演は後日発表