シンガー・ソングライターの山本彩が、大手ハンバーガーチェーン『モスバーガー』の新CM(17日放送開始)に出演し、作詞・作曲を担当したCMソング「愛なんていらない」を楽曲提供することが10日、わかった。NMB48卒業後、初のソロCM出演となる。

【動画】モスバーガーへの思い入れを語る山本彩

 山本が出演する「がんばるあのひと篇」は、“がんばりたい時は、しっかり食べる”をキャッチフレーズに、新しい生活様式の中で戸惑いながらも前向きに頑張る人々を「食」と「音楽」を通じて力強く応援する内容で、男性人気が高い『ロースカツバーガー』にアレンジを加えた新商品『マンハッタンクラムチリ ロースカツ』をPRする。

 起用の決め手は、シンガー・ソングライターとして再始動を果たした姿が新CMの世界観に重なったことに加え、今年3月に山本が自身のツイッターで「モスバーガーのことを“モスバ”って言ったら笑われたんですけど言いません?」と投稿し、話題を集めたことも理由の一つだという。

 山本は「光栄なことにCMタイアップソングを書かせていただきました。まさかお声をかけていただけるとは思っておらず、本当にありがたいと思っております」と喜びを語りながら「『自立した女性の力にもなれるような商品に』という思いがとてもすてきだと思い、その中に私も含まれるのかと思ったので、モスバーガーさんの気持ちと自分自身の等身大の気持ちとを織り交ぜながら曲を書かせていただきました」とアピールしている。