米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)2020』(9月16日~27日)は各部門の優秀賞が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補となる「オフィシャルコンペティションsupported by Sony」の公式審査員5人が決定したことを発表した。

【写真】アカデミー賞につながるオフィシャルコンペティション構成図

 審査員を務めるのは、狂言和泉流二十世宗家の和泉元彌、エッセイストの犬山紙子、俳優の筒井真理子、Vimeo Senior Curatorのジェフリー・バウアーズ氏、映画監督の深田晃司監督。「オフィシャルコンペティション supported by Sony」には、世界105の国と地域から集まった3000本以上の応募があり、審査員は選抜された71本の作品の中から、インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門各優秀賞と、グランプリとなるジョージ・ルーカスアワードを決定する。

 9月27日に東京・明治神宮記念会館にて実施されるアワードセレモニーに登壇し、各賞の発表および授与を行う。

 なお、本年より、ソニー株式会社(以下、ソニー)が、オフィシャルコンペティションをサポート。テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして多様な事業や人材、ノウハウを有する、世界でも類い稀な存在であるソニーが、映画祭とともに才能あふれる若いフィルムメイカーたちの支援・育成に参画することで、SSFF&ASIA 2020は、さらに1歩、日本発、世界レベルの映画祭へと近づく。

 さらに、同映画祭は設立当初からジョージ・ルーカス監督が応援しており、毎年熱いメッセージレターが届く。2018年には、映画祭20周年を記念し、グランプリを世界初となる監督の名前を冠したジョージ・ルーカスアワードと命名している。

■ジョージ・ルーカスのコメント

SSFF&ASIA、そしてフィルムメイカーの皆さん、サポーターの皆さん、
新型コロナウイルスの影響で、映画産業、映画制作のコミュニティは未曾有の事態に陥っています。SSFF&ASIA を始め、多くの映画祭が延期や中止となったことは大変残念です。
しかしながら、映画産業は映像作品を世の中に発信する新たな手法を革新的に編み出しています。
若いフィルムメイカーの皆さんにはどうか、情熱を絶やさず頑張ってほしい。
SSFF&ASIAのような映画祭は、映画ファンとつながる新しい方法を模索していますし、素晴らしい作品、フィルムメイカーたちの才能を世界に発信すべく展開を用意しています。
どんな形で今年のジョージ・ルーカスアワード(グランプリ)が授与されようとも、変わらず心からの賞賛を贈りたいと思います。
映画を作りつづけようとする全ての方のクリエイティブマインドに感謝するとともに、若き作り手たちを世の中に送り出そうとしているSSFF&ASIAにエールを送りたいと思います。

May The Force With You(健闘を祈る)! -George Lucas

(C) Lucas Film Ltd. & TM. All rights reserved.