女優の松本まりかが、きょう9日放送のテレビ朝日系『あいつ今何してる?』(後7:00~8:00※一部地域を除く)にゲスト出演。番組スタッフが調査したのは、松本の中学時代の“元カレ”。音信不通となっていた彼の今だからこそ明かす思いに涙する。

【写真】“あざと可愛い演技”上目遣いで訴えかける松本まりか

 松本は、同局で放送中の土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』(毎週土曜 後11:15~深0:05)で「四谷怪談」のお岩さん・四谷伊和を演じているのをはじめ、“怪演女優”として大ブレイク。きっかけは、同局系で2018年に放送されたドロドロ不倫ドラマ『ホリデイラブ』での強烈不倫妻・井筒里奈を怪演ぶりにあった。このとき、松本は33歳。実は10代から女優活動をはじめ、ブレイクまで知られざる苦労があったと振り返る。

 番組では、中学生のときに芸能活動を始めた松本の秘蔵映像を大公開するとともに、中学3年生のとき自分から告白して、付き合うことになった同級生男子と感動の再会を果たす。

 彼が語る告白の思い出はまさに甘酸っぱい恋愛ドラマのよう。スタジオでVTRを見守る松本も、自分のことながら、大いに照れて顔を赤くする。その後、恋愛と芸能活動の板挟みになった松本。「自分から好きだと告白した最後の人」だという元カレとは仕事に追われる中、自然消滅のような形で離れてしまったが、その裏で彼はどんなことを思っていたのか。今回初めて聞く話に松本の瞳から大粒の涙がこぼれる一幕も。青春時代のほろ苦い恋のメモリーを大告白する。