俳優の小泉孝太郎、ムロツヨシが23日放送のフジテレビ系『小泉孝太郎&ムロツヨシ 自由気ままに2人旅』(後7:00)に出演。昨年11月に放送され、好評を博した小泉&ムロコンビの2人旅の第2弾が放送される。

【番組カット】旅館で…笑顔で乾杯する小泉孝太郎&ムロツヨシ

 今回の孝太郎&ムロの2人旅は、東京湾の漁港からスタート。朝早くからのロケにもかかわらず、ムロはテンション高く「巨大魚を釣ってみせる!」と意気込み。神奈川県横須賀市出身の孝太郎も釣りには慣れ親しんでおり「ムロさんと釣りをしてみたかった」と話す。この近海は体長1メートルを超す巨大魚・シイラも釣れるという釣り場で、漁船に乗り込みいざ大海原へ。炎天下にも関わらず、久しぶりの“2人旅”に会話も弾む孝太郎とムロ。その時、ムロの釣りざおに動きが。果たして、念願の巨大魚を釣り上げられるのか!?

 その後、漁港へ戻った2人は、海鮮丼を食べることに。新鮮な海鮮の数々に舌鼓を打ちながら「視聴者からの質問」をテーマにトーク。役者についての質問から、結婚や女性のタイプなど、プライベートに突っ込んだ質問にも赤裸々に回答していく。さらに、スペシャルゲストもサプライズで登場し、予想外の展開が2人を待ち受ける。

 さらに2人旅の舞台は、海から山へ。2人が向かったのは、東京都・奥多摩のキャンプ場。キャンプ初心者の2人だが、ムロが料理を、孝太郎がテント張りと手分けして作業することに。ムロは難なく火起こしに成功するものの、火加減のできない竈(かま)に四苦八苦しながら、何とか“手作りムロ料理”を作っていく。一方、孝太郎もテント張りに大苦戦。ときに弱音を吐きながらも、徐々に組み立てていく。初心者キャンパー2人、汗をかきながらも楽しむ姿は「自由気まま旅」そのものだ。

 キャンプの後は温泉でひと休みし、恒例の”部屋飲み”がスタート。前回の放送でもぶっちゃけトークに花が咲き、タイプの女性などの話で盛り上がったが、今回の部屋飲みも止まらない!「次に会いたい人」の話は大いに盛り上がり、某スポーツ選手や元アナウンサーなど、スペシャルな名前が次々と飛び出す。妄想が広がりきった頃、2人はやっと眠りについた。最終日には夏らしく、ラフティングに挑戦。奥多摩の激流に、童心のように楽しむ孝太郎とムロだが、なぜかムロだけがびしょぬれになってしまう。