タレントの伊集院光が、8日深夜放送の『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(毎週火曜 深1:00)に生出演。先月26日に新型コロナウイルスに感染し、今月7日に退院、現在療養中の田中裕二の代打として登場し、太田光との“ダブル光”による豪華タッグが実現したが、冒頭30分間にわたって、ノンストップトークを繰り広げた。

【写真】山口もえが公開…田中裕二&娘のほっこり2ショット

 太田が「ありがたい。本当にありがたい」と代打出演を感謝。その後、太田の時事ネタトークに、伊集院が「オレいらないね(笑)。そのトーンでやるんだったら」とツッコミを入れながら、霜降り明星・せいやの話題などでトークを繰り広げるなど、和やかなムードでスタートした。太田のトークに、伊集院は「6分で思ったこと、田中さんがすごい」とかみしめるように語りながら「田中さん、きょうのラジオを聞いているかどうか。オレは寝ていると思う。(JUNKの)宮嵜(守史)プロデューサーのところに、田中さんから『きょう、伊集院らしいね。楽しみだね』ってきたらしくて」と話した。

 その後、太田がタブーを無視して際どい話題を次々と放り込んでいくと、伊集院も自身の言葉で返してく、生放送ならではのトークを展開。太田が、ビートたけしが田中の代打として『サンデー・ジャポン』に出演することに意欲を見せていたことを明かした上で「いや、呼べるわけないじゃん。自分の番組にはリモートで出演しているのに…」と感謝と恐縮すると、伊集院が「そういうところも、たけしさんらしい気がするよね」と口にしていた。

 伊集院は、7日深夜放送の『月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月曜 深1:00)エンディングで「ひとつお知らせが。この時期に大事なお知らせっていうと、だいたいしょんぼりしたお知らせになるじゃないですか。そうじゃなくて」と切り出した上で「あしたの『爆笑問題カーボーイ』生で出ます。田中さんがまだちょっと体調不良なんで、ぜひ伊集院くんお願いするよって言われたら、出るしか…」と語った。

 その上で、田中が新型コロナウイルスに感染したことが判明した直後、伊集院は太田光の近くにいたそうだが「(太田が)『伊集院出てくれない?』って言ってくれなくて。しょんぼりしていて、言ってくれたらいいのにって思って。落ち込んでいたっていう話が爆笑のスタッフに届いたらしくて、あしたも出ますので、よかったら聞いてください。2日連続でスタジオで寝ます」と番組を締めくくった。

 田中に関しては、所属事務所・タイタンの公式サイトが7日に退院したことを報告した。しばらくは療養に努め「第三者へ感染する危険性が払拭され次第、本人と協議の下、仕事へ復帰させて頂きたいと考えております」としている。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。