俳優の小栗旬と星野源が共演する映画『罪の声』(10月30日公開)の場面写真一挙16枚が9日、解禁になった。

【別カット】星野源をじっと見つめる小栗旬

 原作は、フィクションでありながら、昭和最大の未解決事件をモチーフに、作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティーに溢れた物語で話題に。小栗が昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる大日新聞の新聞記者・阿久津英士、星野が京都で亡くなった父から受け継いだテーラーを営む曽根俊也を演じている。

 場面写真は、事件の真相を追うため、阿久津が東京・大阪・京都・岡山などの日本各地から、イギリスにまで飛び回り取材する姿。一方の曽根は、自分の声が脅迫テープに使用されていることを知る緊迫の場面、さらには、4日に最終回を迎えたTBSドラマ『MIU404』でも共演した星野と橋本じゅんの2ショット写真も公開された。