『君が死ぬ夏に』などで知られる大柴健氏の新連載『命がけでもたりないのさ』と、椿太郎氏の新連載『怨嗟の楔』が、9日発売の『別冊少年マガジン』(講談社)10月号でスタートした。

【写真】リヴァイ兵長もサウナ…キャラクターたちの貴重な上半身裸姿

 『命がけでもたりないのさ』は、青春を謳歌できていない女子高生・加賀美唯華が主人公。「最高の青春」を追い求めて「青春チャレンジ」を繰り返す日々で、父の乗っていたGT-Rに乗りたい思いが…。そんなときに出会ったのは高校のゲーム部で、「ゲームの中でなら、GT-Rに乗れるかも!?」と、女子高生がeスポーツ×カーレースに青春を注ぐ姿が描かれる。

 『怨嗟の楔』は、命に抗う叛逆の斬撃ダークファンタジー。孤独な人斬り・朝霧飛鳥と謎に満ちた少女・奏月2人の運命が、摩訶不思議な力を宿す「古董品」に導かれて交錯した時、かつてない叛逆の物語が幕を開ける物語。

 なお、同誌の付録は、『進撃の巨人』アルミンverの特大缶バッジ。絵柄はキャラクターたちがサウナに入った様子を描き話題となった、同誌5月号の表紙イラスト。