女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜 後10:00)第5話(9日放送)の場面写真が到着。浴衣姿の七桜(浜辺)と椿(横浜流星)が手を取り合って蛍の舞う夜に語り合う、このシーン。実は七桜は自分の秘密を打ち明けようとし…これまでさまざまな障害を乗り越えながら距離を縮めてきた2人の恋の行方はいかに。

【動画】浜辺美波&横浜流星の“LOVE”が満載!

 同作は漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社刊)で連載中、累計発行部数200万部超の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ著、既刊12巻)を実写化。浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも強く惹かれ合うラブミステリー。

 15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜の母。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。15年の時を経て再会した運命の2人。お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうちに心を通わせていく。

 第4話の終盤、椿の子を宿しているかもしれないと気付いた七桜は、椿への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れ動く。しかし、椿の思いやりに触れ、すべてを打ち明けようと覚悟を決める「少し時間を取れないかな」と言う七桜を、椿は「行っておきたいところがある」と夜の庭に連れ出して…。

 すると、満点の星のように輝く蛍が。この先、長く一緒にいるのだから、お互い少しずつわかっていけばいい、と言う椿。はたして、七桜は正体を打ち明けることができるのか。そして第5話では、七桜の母親と名乗る夕子(須藤理彩)が営む小料理屋の存在を知った今日子(観月ありさ)の暗躍、今日子とは浅からぬ仲らしい市議会議員・溝口(吉沢悠)の登場、七桜の母親が殺人犯という噂を耳にした椿の元婚約者・栞(岸井ゆきの)も動き出す。そして、七桜と椿の運命を揺るがす重大な秘密も明らかとなる。