女優の今田美桜が、13日放送の日本テレビ系連続ドラマ『親バカ青春白書』(毎週日曜 後10:30)の最終回を前に、クランクアップを迎えた。主人公・ガタロー(ムロツヨシ)の娘・さくら(永野芽郁)の親友・寛子を演じた今田と和歌山県出身のYouTuberネゴロを演じた戸塚純貴も撮影を終えた。

【写真】戸塚純貴もクランクアップ

 今田は居候をするガタローら、小比賀家でのシーンが最後のカットとなり、「みなさん本当にお疲れ様でした。こういう状況の中で、すごく慣れないことも多かったと思います。こうやって一緒に撮影することが出来て、ありがたく思っています」と感謝。

 「そして最後はとても寛子らしいシーンだったと思います。個性豊かな皆さんと同じチームに参加出来たこと、本当にありがたかったです。本当にありがとうございました」とあいさつした。

 一方、戸塚は「緊張していた初日からあっという間でした。福田組と、そして(第6話の)ムロ組まで経験させて頂いて、非常に刺激的で忘れられない作品となりました。最後までネゴロという役柄を演じることが出来たのは、最強のスタッフさんのおかげです。続編に備えておきます(笑)本当にありがとうございました」と早くも今後に期待する。

 そんなネゴロは“フラレ動画”から、今度は“まぐろや”として成功。『まぐろやネゴロTV』の“魚をさばく”YouTubeもみどころとなる。