NHKで14日より放送再開予定の連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)は、いまだ続く、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、放送日程の見直しが行われ、当初予定していた全130回(26週)の予定を、全120回(24週)に短縮。最終回は11月28日(本編の最終回は11月27日、28日は最終週の振り返り)となる。

【写真】『エール』第1週~第13週を名場面とともに振り返る

 NHKによると、確認できる範囲内では、2週分の短縮は前例がない、とのこと。2010年後期『てっぱん』が、11年3月11日の東日本大震災発生後、1週間にわたって震災報道を優先して、放送休止となったことがあったが、予定どおり全151回を放送している。

 なお、2020年後期『おちょやん』は、11月30日スタート。全体の放送回数については、現時点で未定としている。