女優・吉高由里子と俳優・横浜流星がW主演する映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(10月23日公開)のメイキング写真が8日、公開された。

【動画】先行上映に向け吉高由里子&横浜流星がコメント!

 吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする明香里。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁を演じる。

 メイキング写真では、三木孝浩監督が目が見えないという難役に挑む吉高と入念なやりとりをする姿や、物語の重要なシーンとも呼べる海岸のシーンで横浜へ演出する姿を公開。三木監督と『僕等がいた』以来、8年ぶりに再タッグを組んだ吉高は、「三木監督とは、迷っていること、これは違うかもしれないなと感じたことなど、お互いになんでも話し合える間柄で、それはありがたいことだと思っています。すぐに走ってきては『こういう感じ』と微妙なニュアンスを直接伝えてくださるので、大変わかりやすかったです。演じる側、観る側の気持ちを理解して、温もりのある演出をされる、心から信頼できる監督です」とリスペクトの思いを口にした。

 今作で三木組へ初参加した横浜も「一つのシーンを、いろいろな角度からたくさん撮ることによって、その場面の登場人物たちの心情を大事に作ってくださる監督で、ご一緒していて非常に心強かったです。現場でも様々なアドバイスをくださっていたのですが、言われたことをただそのまま形にするのではなく、監督が何を求めているのか自分なりに解釈して、塁の気持ちを見つめながら演じるようにしました」と話した。

 三木監督は「今回はメイン2人の物語になりますので、特に重視したのは彼らの距離感です。最初に出会った時から、ラストへ向けてどう変化していくか。物語の流れに沿った順撮りではないので、シーンが変わる度に二人と確認し合いました」とコメント。本作のタイトルはシェイクスピアの不朽の名作『ロミオとジュリエット』の中の一節から引用。吉高と横浜が、まさに瞳で「問いかけ、語り、叫ぶ」純愛映画となっている。