新型コロナウイルスに感染していたお笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二(55)が7日、退院したことを所属事務所・タイタンの公式サイトが報告した。しばらくは療養に努め「第三者へ感染する危険性が払拭され次第、本人と協議の下、仕事へ復帰させて頂きたいと考えております」としている。

【写真】山口もえが公開…田中裕二&娘のほっこり2ショット

 田中は先月26日に新型コロナウイルスの陽性が判明、2週間ほど療養することに。きのう6日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』にコメントを寄せ「僕以外の家族は昨日(5日)退院できました。みんな元気です。僕は一昨日まで熱が会ったので退院のタイミングは少し遅れますが、それでも順調に行けば週明けにも退院できそうです」と現況を説明していた。

 サイトでは「保健所の指定病院での治療を続けて参りましたが、本日、病院から退院の許可を頂き、退院させて頂きましたことをここに御報告申し上げます」と報告。また「自らの危険を顧みず、田中の治療にあたって頂きました医療従事者の皆様には心からの敬意と感謝を申し上げるとともに、仕事にてお世話になっている皆様、田中を応援して下さっているファンの皆様には、多大なる御心配と御迷惑をお掛けいたしましたことを心よりお詫び申し上げます」と感謝と謝罪の思いを記した。

 田中もコメントを寄せ「この度ようやく退院することができました。その間、懸命に治療にあたってくださった医療従事者の皆様、励ましの言葉をくださった皆様、本当にありがとうございました。そして、仕事関係の皆様、各番組の共演者、スタッフの皆様にはたくさんご迷惑をおかけしました。これからはまずはしっかりと病気を治し、慎重に身体を見ながら仕事に復帰できたらと思っています」と伝えている。

 田中の妻でタレントの山口もえ(43)は5日、自身のブログで同日に退院したことと、「夫はもう少し入院する予定です」と経過を報告していた。