俳優の竹内涼真(27)が、スイスの時計ブランド・ゼニスの日本アンバサダーに就任。時計好きとしても知られる竹内だが「父の影響で時計が好きになり、初めてブティックを訪れた学生の時から、ゼニスには憧れていました。自分自身では30歳くらいまでには本格機械式時計がほしいと思っていたところ、今回、ゼニスのアンバサダー就任のお話をいただき、率直にうれしかったです」とのコメントを寄せた。

【動画】中条あやみ、竹内涼真の「サイズ感がいい」発言に照れ

 竹内は続けて「特にエル・プリメロのストーリーのような、進化を続ける姿勢と、世界と渡り合えるような俳優になるという僕の夢は重なります。最近、時にまつわるドラマや映画に出演することがあり、ゼニスとの出会いは運命のような気がします」との感慨を口にした。

 同ブランドCEOのジュリアントルナーレ氏は「涼真さんの人生のストーリーは間違いなく情熱と無限のドライブです。27歳という若さで日本を代表する若手俳優として、日本のテレビや映画で大活躍をされています。そんな竹内涼真さんをゼニスのフレンドとして紹介できることをうれしく思います」と賛辞を送っている。