Twitterへの育児漫画投稿2カ月にして、1.3万もの人にフォローされたおやま(@oyamaoyadayo)さん。保育園の0歳児クラスへお迎えに行くと、まっしぐらにママへ向かってハイハイをする次男と、クラスのお友達もバイバイをしにかけよる様子がかわいすぎて『しあわせランド』と命名。漫画化した投稿には「先生たちも女神のよう」「常々癒されています」など共感のコメントがついた。おやまさんに漫画投稿を始めたきっかけやマイルール、育児について聞いた。

【漫画】保育園の先生も女神のような「しあわせランド」…タッチしに小さい子がわらわらと来る姿が尊い

■コロナがきっかけ 漫画やイラストを描くことで気持ちをスイッチ

――おやまさんがツイッターに育児漫画を投稿しはじめたのは今年の7月からですが、きっかけは?

【おやま】コロナの影響で一旦デザインの仕事をストップしたことがきっかけだったかと。これを機に、漫画やイラストを描いてみたいと思いました。

――休業期間中にはじめたのですね。

【おやま】色々と鬱憤が溜まっていたので、何かを表現することで気持ちを切り替えたかったのかも知れません。

――家族構成と普段のタイムスケジュールを教えてください。

【おやま】夫と私と長女と長男と次男の5人家族ですが、普段は夫と分担して3人を保育園に送り出して、仕事をしてお迎えに行っています。

――コロナの影響でお子様たちと過ごす時間や生活の変化はありましたか?

【おやま】4月から6月は園が閉まってしまい、仕事が一時的にできなくなってしまいました。その間に「漫画を描いてみようかな?」という気持ちが生まれました。

――漫画はどの時間に描いていますか?

【おやま】子どもたちが保育園に行っている間です。夜泣きもあり、夜は眠らないとキツイので早めに寝ています。

――ほっこりしたり、クスッとなるお話が多いですが、漫画を描く上で気をつけていることはありますか?

【おやま】自分の感じ方をそのまま描くことを大切にしています。あとは、スマホで読む方が多いと思うので、なるべく読みやすく…。絵は生々しくならないように描いています。

――優しいタッチのイラストですよね。育児エピソードだけでなく、お母さんの本音が出るような話も人気です。漫画投稿を始めて2カ月経ちますがいかがですか?

【おやま】漫画を描くのはとても楽しいです。大勢の人に届かなくても、誰かひとりの人がこの気持ちをめちゃくちゃわかってくれたら嬉しいな…と思いながら描いています。

■おしゃれでちょっと小悪魔な娘ちゃんのひと言に衝撃

――0歳、2歳、4歳のお子さんたちの特徴を教えてください。

【おやま】長女も長男も活発で明るく懐っこい性格で、次男はただただかわいいです。

――吊り下げ菓子の開け方をミスしてしまった時に「失敗しても良いんだよ」と言ってくれた娘さんが素敵でした。ほかに、お子さんとの会話で最近衝撃を受けた言葉はありますか?

【おやま】プールバックの中にいれていた着替えの洋服が気に入らなかったようで、「お母さん、あの服嫌だったよ…」と言われたことが印象に残っています。娘はおしゃれなので…。

――園児でもすでにおしゃれさんなんですね。おやまさんのお仕事はフリーランスのデザイナーやエッセイ漫画ということですが、子育てと在宅仕事の両立は大変ではありませんか?

【おやま】保育園に行ってくれているので、今のところはそこまで大変さは感じないです。

――育児での悩みはありますか?

【おやま】育児は大変で悩みは尽きませんが、「まあ、なんとかなるかな」という感じであまり不安になりすぎないようにしています。

■無理せず子育ては自分のペースで…「ブログもやってみたい」

――子育てのなかで大切にしていることはありますか?

【おやま】無理しない、がんばらないことです!

――「無理をしない」は今何よりも大切なことですね。コロナもありまだ不安な毎日ではありますが、おやまさんが一番癒される時間はどんな時ですか?

【おやま】好きな漫画を読むことです。

――産後、漫画に救われたエピソードもTwitterに投稿されていましたね。コロナが収束したら家族でやりたいことは?

【おやま】旅行には行きたいのですが、まだ小さい3人を連れて遠出する自信がないので、しばらくはこのままの生活かもしれません。

――最後に、今後の目標があれば教えてください。

【おやま】そのうち、ブログもやってみたいなと思っています。仕事で漫画を描く機会がもっと増えたらいいなとも思っています。