俳優の香川照之(54)が8日、都内で行われたの『MARUCHAN QTTA商品リニューアル&新CM記者発表会』に出席した。

【動画】香川照之、“常務”返り咲きにドヤ顔!『半沢直樹』ネタでおふざけ

 この日は、麺とスープに改良を重ね、よりおいしくなった「MARUCHAN QTTA」の商品リニューアルが発表。CMキャラクターの香川が同商品を応援する運びとなり、辞令の授賞式が行われた。

 香川と言えば現在、TBS系日曜劇場『半沢直樹』に取締役・大和田暁役として出演しており、その熱演が大きな話題となっている。今回のCMでも「歯ごたえが増したしっかり麺!」「こんなのもう我慢できるわけがない!」「あなたも、クッタら、わかります!」と商品の魅力をプレゼンするかのように熱弁している。

 CMが披露されるとMCから絶賛され「ふっ、ありがとうございます」と照れ。撮影については「しっかりとせりふが決まっていて、ディレクター、クライアントのこだわりが感じられました。助詞、助動詞のひとつひとつ(CM)6パターン違うんですよね。(似たようなせりふ)でも『の』が『が』になっていたり、微妙に違うところに『これはやる気だな!』と感じました」と振り返った。

 カメラ4台で同時撮影していたそうで「ほぼワンカットで最初から最後まで撮影していくことが印象的でした」といい「目の前にたくさん観客がいて、そこでショーをしている司会者のように…」と撮影に臨んだと告白。さらに「4台もカメラがあるとですね、私はカメラ目線が大好きでございますので、すぐにカメラ目線をしてしまうわけですね。それを監督に注意されたりとか…、あえて『ここはカメラ目線だろ!』というところは提案をしたりとか…」と伝えた。

 また、同商品を実食する際はカメラ目線で「こういう時(食べている時)もカメラ目線を外さないんですね! うまい! 上手から下手に行きますよ!」と報道陣のカメラ1つ1つに目線をあわせて撮影に応じるサービス精神を見せ、笑いを誘った。