とんねるずの木梨憲武が、4曲入りのデジタルEP『木梨ミュージック コネクション』を10月4日に配信リリースすることが決定。新キャラクター“ノリ・マーリー”に扮したジャケット、アートワークが公開された。

【動画】木梨の”伝統芸”披露 PR商品をお口にポイっ!

 昨年9月の『氣志團万博2019』でソロデビューを発表した木梨は、「思い出づくり」としてソロアーティスト活動をスタート。1stアルバム『木梨ファンク ザ・ベスト』(昨年12月発売)には、AI、久保田利伸、SALU、藤井フミヤ、松本孝弘、星野青果店(星野源)、AKLOら豪華ゲストが参加し、オリコン週間デジタルアルバムランキングで1位を獲得した。

 「思い出作りの第2章」となる新作には、木梨の“コネクション”(仲間たち)で制作した4曲を収録。レゲエ、スカ、パンク・テイストなど多岐にわたる音楽ジャンルを木梨流に表現したEPとなっている。

 収録曲「いま子供達に問う feat. ねお」は、TBSラジオ『木梨の会。』に応募された作品。リスナー“剣道おじさん”の作品をもとに、木梨自身も作詞に加わり、客演としてSNS総フォロワー500万人超えの動画クリエイター“ねお” が参加した。レコーディング中に木梨が「ここにねおの声があってもいいかも!」と思い立ち、その場で連絡。数時間後にスタジオにねおが来て、レコーディングが実現した。

 「サンシャイン ラブ ~差し替え ザッキー~」は、現在運送屋で働く“ザッキー”の作品。タイトルの「~差し替え ザッキー~」の意味は、ボーカルの木梨の声が出ないパート(歌詞中の「バイブレーション」の「バイ」、「happyでしょう」、「ハッ」の部分)だけザッキーの声をはめ込んだというもの。サックスには木梨の仲間でもある藤井尚之が参加した。

 「まにまに」は、昨年の『氣志團万博』の楽屋エリアで森山直太朗に遭遇した木梨がその場で発注したことがきっかけで完成した曲。小学校の卒業文集に「ノリダーになりたい」と書くほど木梨フリークの森山が、友情をテーマにした曲を作った。当初、森山が「麻布で寿司でも食いたいよ」と書いた歌詞は、木梨がアドリブで「ママのざわわも聞きたいよ」と森山の母・森山良子の「さとうきび畑」にちなんだ替え歌にしたものが採用された。

 「ホネまでヨロシク feat. ドーベルマン」は、大阪を拠点にしているスカバンド・ドーベルマンとのコラボ曲。元の歌詞に木梨ワールドが追加され、いずれもユニークな楽曲となっている。

 本作を携え、10月6日に愛知芸術劇場、10月13日に大阪・オリックス劇場、10月15日に東京国際フォーラム ホールAで『木梨の音楽会。』を行う。東京公演ではライブ配信も実施される。