元サッカー日本代表GK・本並健治氏(56)と、 元なでしこジャパン丸山桂里奈(37)の結婚が発表され、6日都内で記者会見が行われた。 終始「丸山節」が炸裂し、 会場は笑いの渦に包まれた。

【写真】薬指にはキラリと輝く指輪が!ラブラブ会見を行った本並健治氏&丸山桂里奈

 9月5日に2人は『第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE』のマイナビウエディングSTAGEにてシークレットゲストとして登場し、 結婚を発表。 2人のためにマイナビウエディングからステキな結婚式がプレゼントされ、華やかなステージとなった。

――結婚式の印象について
本並「結婚式の実感が、 まだわかなくて、 徐々に感じています。 まさかTGCのランウェイを歩けるとは思っていなかったし、 反響がすごくて楽しかったです。 ボールを蹴るのが難しかったんですが、 スタッフの指示通りに飛ばせてよかったなと思いました」

丸山「詐欺かもと思うくらい! きのうのことなのか、きょうのことなのか、わからないくらい、興奮しています。結婚式もTGCも、どっちもどっちで、2つ重なって1つになるんだなと、本当に素晴らしかったです」

――タキシードについて
本並「色が黒いので、白がいいと思って選びました」

――王子様のようだと思いましたか?
丸山「言われてみればそうですが、王子様って人ぞれぞれだし。王子様って言われたら、そうかもしれないですね。似合ってます」

――ドレスについて
本並「いつもジャージやユニフォーム姿しか見ていないので、キレイです」

丸山「ドレスが歩いてきたのかというくらいピッタリで。後ろのデザインもキレイだし、新しいデザインで、その場にいた人も全員一致で、これがいいと思いました。ドレスにも自分を気に入ってくれて着ているという感じが伝わっていると思います」

そして、2人は記者からの質問にも、答えていく。

――お互いのどんなところに惹かれましたか?
丸山「100メートル先からでもオッと思う彫りの深さ。私は人間離れしている人が好きなんです。本並さんは、ほとんど顔が歩いているという人間。どんどん好きになっていったっていう可能性があります」

――顔がすてきということでしょうか? 1番好きなパーツはどこですか?
丸山「1番好きなパーツは鼻です! TGCで、くちびるの話をしましたが、今みたら、鼻ですね。あと骨太なところも好きです。骨太の生命力っていいじゃないですか。なんか飛んできても、ぶつかっても大丈夫そう。そういうところに惹かれたのかもしれない!」

丸山さんのどこに惹かれましたか?
本並「人を惹きつける力がある。楽しいことが周りに起こる。人間的にもしっかりしている。意外と心配性なところや、親孝行なところも、いいところです」

――誰にもバレていませんでしたが、本当にお付き合いしていたんですか?
本並「コロナに注意をして、1月に、もんじゃ焼きに行ったくらいで、あとは外に出ていません」

丸山「家の前の、ちょうどいいところに道があって歩いていたくらいです。誰も人はいませんでした」

――今年の始めくらいに、初めて意識したというのは本当ですか?
丸山「パーツパーツの1つずつ、そこに置いても、本並さんだとわかるところに男気を感じて、骨太だし、もしかして、この人のことが好きかもしれないと思いました」

――結婚を意識したのはいつですか?
本並「1ヶ月前くらいですかね」

丸山「違う! 8月の真ん中頃!」

本並「8月真ん中頃ですかね。何を言っているかわからないところも、一緒にいて楽しいです。コロナの影響で2人で一緒にいようと思うようになりました。より近くに2人を感じ合いたいと思ったからですね。そもそも付き合うことになった時から、結婚したいとは思っていました」

――料理について
本並「ビーフシチューといって出してくれて、豚肉が入っているということは、よくあります」

丸山「ビーフシチューは、 名前の代表がビーフであって、肉は豚でも鳥でもいいと思っています」

――お互いの好きなところを2つずつあげてください!
本並「明るい・人の話をよく聞くところ・料理がうまいところ」

丸山「耳が大きいところ・背筋が伸びているところ・急にターンをするところです。 急にターンができるので、 何かあっても、 すぐ逃げられるだろうなって思っています」

――サプライズ結婚になりましたが、 誰のどんなコメントが1番響きましたか?
丸山「『おめでとう』と、こんなにたくさん言われたことがないので、初めましての人でも言ってくれるから、『おめでとう』の言葉が1番、響きました。ワールドカップで優勝した時よりも、言われています。スーパーでも『おめでとう』と言われるかもしれないレベルです」

――お子さんの予定はありますか?
丸山「鳥、なんでしたっけ? 赤ちゃんを運んできてくれる!」

本並「コウノトリ」

丸山「そう! コウノトリと相談しなきゃいけないんですが、こどもは産みたいと思っています。私はスーパーサブなので、サブは最近3人なので、3人。がんばれますか?」

本並「がんばりますよ」

――年齢差のギャップを感じることはありますか?
本並「僕はSNSができないので、教えてもらっています」

丸山「口ずさむ歌が演歌なところ。知らない歌が多くて、聞いてもわからないことが多いです」

――どのような家庭にしたいですか?
本並「明るい笑いのある家庭です」

丸山「モグラみたいに、土をすごく掘れるような家庭がいい! 泥臭くても一生懸命やる家族。モグラは家族みんな仲いいんです。モグラみたいに、土臭い家庭です」

本並「いろんな作業も家族で一緒に、一生懸命やるってことだね」

丸山「そう! そういうことです!」

――通じあってるんですね?
本並「通じてませんよっ!」

丸山「えー!? 今めちゃくちゃ通じ合えたと思ったのに!」

会場は一斉に笑いの渦に包まれたが、 本並は「疲れてきました」とボヤき、 さらに笑いが起こった。

――第一印象はどうでしたか?
本並「彼女が学生の代表になった時、ドリブルのスピード感を持っているということに衝撃を受けました。『あの子はだれや?』とチームメイトに聞きました」

丸山「普通のゴールキーパーって立ってもゴールが見えるんですけど、本並さんは、ゴールが顔になっていて、私はシュート、決められないだろうなと思いました」

――以前丸山さんは、結婚相手と歯ブラシは共有がいいと言っていましたが、どうしていますか?
丸山「電動だったので、できないですね。震えがどうも、歯が苦手で。共有したいけど、歯ブラシに問題がありました」

本並「はい、 していません」

――相手に期待していることってありますか?
丸山「よく街中で迷子になることがあるので、そういう時はジャンプしてくれたら、顔でみつけられるので、ジャンプを期待します」

本並「このままでいいです。天真爛漫なままでいてほしいですね」

――なでしこジャパンの方々には連絡しましたか?
丸山「澤さん事前に連絡をして。『うそでしょ。 』と言われました。『よく、 本並さん、もらってくれたね』ってひどくないですか? 私も思っていた言葉なので『よかったです』と返しました」

――ドイツ戦のゴールと結婚どっちがうれしいですか?
丸山「どっちもどっちですね。でも、いつも今が1番楽しいので、ということは上回ったってことですかね」

――9月4日に入籍した理由は何ですか?
丸山「九死に一生を得るが好きで。あとは、琉球風水志のシウマさんに聞いて決めました」

――婚約指輪について
丸山「パンダと丸いのがあって、きょうはパンダをしています。動物が好きなので、オーダーメイドで、つくってもらいました。プレゼントしてもらったものです」