新型コロナウイルスの世界的流行の影響で、来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)。感染による重症化リスクが高いパラアスリートが、コロナ禍でパラリンピックを目指す理由は何か、大会を開催する意義は何か、を考える一助となるドキュメンタリー『ライジング・フェニックス:パラリンピックと人間の可能性』が、Netflixで配信されている。

【動画】『ライジング・フェニックス』予告編

 このドキュメンタリーでは、いまや世界で3番目に大きいスポーツイベントとなったパラリンピックの歴史をひも解きながら、障がいや多様性、人間の可能性に対する考え方を変革し続けてきた、パラリンピックムーブメントのさまざまな形を見ることができる。

 ムーブメントの原点は、「パラリンピックの父」とされる、神経学者で医師のルートヴィヒ・グットマンにある。本人の肉声や当時の資料写真&映像、娘エヴァ・レフラーさんのインタビューを交えて、グットマン博士の人物像も深く掘り下げている。

 グットマン博士は、ナチスによる反ユダヤ主義が台頭するドイツからイギリスに家族とともに亡命。第2次世界大戦中、戦闘により脊髄を損傷するなど、障がいを持つことになった帰還兵の治療にあたった。身体的・精神的なリハビリテーションにスポーツが最適であると考えた博士は、入院患者を集めて競技大会を開催する。これが、やがて国際大会へ発展し、1960年ローマ大会と同時期に開催された競技会が、パラリンピックの第1回大会となる。

 この作品の中で、言及されていないが、「パラリンピック」という名称が全面的使用されるようになり、オリンピックとセットで開催されるようになったのは、1964年の東京大会からだ。1980年モスクワ大会では、パラリンピックの開催を拒否(オランダが代替開催に名乗りをあげてアーネムパラリンピックが開催された)。1986年アトランタ大会はオリンピック組織委員会がパラリンピックを運営せず、2004年アテネ大会はテレビ中継の映像でガラガラの観客席が悪目立ちするなど、「簡単にできたらパラリンピックじゃない」という関係者の言葉も洒落にならない、黒歴史もある。

 状況が変わってきたのは2012年ロンドン大会から。本作では、スポーツ好きで知られるヘンリー王子もインタビュー出演し、「スポーツはきっかけです、この世の中でスポーツほど人を暗闇から救えるものはありません」「グッドマン博士は気づいたのです。スポーツムーブメントこそが世界中の人々の認識を変えられる」と、パラスポーツにも高い関心を寄せている。

 本作では、2016年リオ大会で、深刻な資金不足によりパラリンピックが開催中止の危機に陥った“スキャンダル”も暴露している。チケットは販売不振というより、組織委員会がまともに売っていなかったらしい。大量に余っていることを知った地元の住民たちがチケットを買いはじめ、大会は尻上がりに盛り上がり、結果としてリオ大会は、パラリンピック史上最も観戦された大会となる。

 パラリンピックの歴史とともに、東京2020大会でも活躍が期待されるトップ選手も登場。不屈の精神で困難に立ち向かうパラアスリートが発信するメッセージを伝えていく。

 タイトルにもなっている「ライジング・フェニックス」(蘇る不死鳥)は、イタリアの車いすフェンシングのベアトリーチェ(ベベ)・ヴィオ選手のニックネームでもあった。彼女は、5歳ではじめたフェンシングでオリンピックを目指していたが、2008年、11歳の時に重い髄膜炎を患ったことによる炎症が原因で、両手足を切断。それでもフェンシングをあきらめず、「オリンピックを夢見てた。それがパラリンピックに変わっただけ」と、リオ大会で金メダルを獲得した彼女はまさに不死鳥だ。

 オーストラリアのエリー・コール選手は、2歳の時に右足に珍しい腫瘍ができてしまい、切断。リハビリのためにはじめた水泳で才能を開花させる。フランスのジャン=バティスト・アレーズ選手は義足で6メートル以上跳ぶ走り幅跳びのスター。彼は出身地のアフリカ・ブルンジ共和国で起きた部族間の争いで足を失った。

 生まれたときから両腕がなく、足を自由自在に使って矢を射るパラアーチェリーのマット・スタッツマン選手(アメリカ)。ロンドンとリオで陸上男子100m金メダルのジョニー・ピーコック選手(イギリス)。2008年北京大会で銀メダルを獲得したことで「以前より人生が充実して楽になりました」と語るパラパワーリフティングのチュイ・ツェー選手(中国)。

 ウィルチェアーラグビーで、ロンドン・リオに続いて3大会制覇を目指す、この競技の世界No.1プレイヤー、ライリー・バット選手(オーストラリア)。2015年から陸上競技をはじめ、14歳でリオに出場し、男子200mで銀メダル。2018年には世界新記録を出したのヌタンド・マラング選手(南アフリカ)。ロシアで生まれ、アメリカで育った車いすランナー、東京2020大会で短・中・長距離7種目制覇を狙う鉄人タチアナ・マクファデン選手(アメリカ)。

 新型コロナウイルスは、命にかかわる病気だけでなく、人々に不安や恐れ、差別や偏見も広げてしまった。こんな時だからこそ、スポーツで世界の認識を変える力があるパラリンピック・ムーブメントが必要だ。東京2020大会が、ハンディキャップやさまざまな困難、違いを乗り越え、人間の可能性に挑むパラアスリートたちが真に輝く競技大会となることを期待し、各々できることをやっていきたい。