俳優の宮内淳さんが、先月14日に直腸がんのため亡くなったことが6日、わかった。70歳。宮内さんが代表理事を務める公益財団法人「地球友の会」が公式サイトで発表した。

 サイトでは「かねてより 公益財団法人地球友の会 代表理事 宮内淳 儀 直腸がんとの診断を受け 入院加療しておりましたが 去る8月14日 70歳を以て 家族に見守られ永眠いたしました」と報告。葬儀については「静かに送ってほしいとの故人の強い願いに従い 葬儀は近親者のみにて 8月17日 滞りなく相済ませました」と明かした。

 宮内さんの生前の言葉として「死ぬということは この世でのお役目を終えて卒業し 次のステージに行けるということでもあるのだから どうか悲しまないでほしい」と紹介。四十九日となる10月1日が、宮内さんが「地球友の会」を登録した記念日である「和の日」であることも伝えている。

 愛媛県出身の宮内さんは文学座を卒業後、ドラマ『太陽にほえろ!』にボン役でレギュラー出演。そのほか多数のドラマで活躍してきた。