俳優の椎名桔平(56)が6日、都内で行われたTBS系連続ドラマ『キワドい2人 K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(11日スタート 毎週金曜 後10:00)制作発表会見に出席。椎名は、主演のHey! Say! JUMP・山田涼介(27)演じる神崎隆一と、田中圭(36)演じる黒木賢司の凸凹異母兄弟の父親・神崎賢造を演じているが、自身の実年齢を引き合いに思いを語った。

【写真】ドラマ制作会見に登場した山田涼介、田中圭、ジェシーら

 同ドラマは、第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大氏による刑事小説『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』が原作。人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一と超破天荒なキレ者刑事・黒木賢司がバディを組み、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む痛快刑事ドラマ。そんな2人の“キワドい”秘密とは、実は幼少期から全く別の人生を歩んできた異母兄弟だったということ。神埼と黒木は、衝突しながらも池袋の街を守るために事件捜査に繰り出す。

 ドラマの内容にちなんで「キワドいエピソード」について、椎名は「ドラマの設定は60代前半で、過去の事件があって、それが39歳の時に起きたことなので(役作りで)若くしたり老けたりって感じなんですけど(笑)。山田くんのお父さん役は(実年齢から考えても)そうだなと思うんだけど、圭くんのお父さんと聞いて、ちょっとキワドいなと(笑)。20歳違いなんだよね、実際は」とにっこり。

 そんな“息子”2人の印象については「山田くんは映画で一緒になって、その時僕は先生役だったんだけど、その頃の山田くんはちょっとあどけなかった。今回共演させてもらって、ずいぶんとしっかりした男っぽい青年になった。田中圭くんは、初共演なんですよ。序盤、あんまり絡まないんですね。後半たくさん絡ませていただくんですけど、どんなお芝居をするのかなと思っていたら、瞬発力がある、熱量、エネルギーがあるお芝居をする方だなと感じました」と賛辞を送っていた。

 会見にはそのほか、関水渚、ジェシー(SixTONES)、八嶋智人も出席した。