新型コロナウイルスに感染したTBSの山本里菜アナウンサー(26)が5日、自身のインスタグラムを更新し、2度のPCR検査で「陰性」の結果が出たため退院したことを報告した。

【写真】フレッシュなスカート姿を披露した山本里菜アナ

 山本アナは「この度は、大変お騒がせしておりますが 2度のPCR検査で陰性の結果が出たため退院を致しました」と伝え「視聴者の皆様、医療従事者の皆様、保健所の方々、番組関係者の皆さんに心より感謝申し上げます」とつづった。

 続けて「退院しましたが、もうしばらく自宅で様子を見させていただきます」とし「温かいメッセージを下さった皆様のおかげで気持ちを強く保つことができました。ありがとうございます。復帰までもう少しお時間いただきますが、引き続きよろしくお願い致します」とメッセージした。

 山本アナは、8月26日に任意でPCR検査を受けたところ、27日夜に陽性が判明した。同局は28日、ORICON NEWSの取材に「濃厚接触者の有無や今後の措置につきましては、28日以降、保健所の判断を仰ぎますが、接触があった関係者には、念のため必要な措置を取っております」としていた。

 山本アナは1994年6月22日、千葉県千葉市出身。青山学院大学 文学部 英米文学科を卒業し2017年にTBS入社。18年1月から『サンデー・ジャポン』の7代目アシスタントを務めているほか、『爆報!THEフライデー』などを担当している。