テレビ朝日(※一部地域を除く)できょう5日と12日の2週にわたり、声優と芸人がタッグを組んだ二次元漫才師プロジェクト『サンパチスター』(両日とも深0:35~1:00)が放送される。

【画像】9月5日の放送でネタを披露する《ルージュブル》と《カフェラテ》

 7月に番組公式ツイッターを開設して以来、2次元好きの人々を中心に注目を集めてきた企画が、ついにベールを脱ぐ。この『サンパチスター』は、声優が演じるキャラクターに芸人がネタを書き下ろす…という前代未聞の二次元漫才師プロジェクト。

 番組のMCを務めるのは、二次元大好きな霜降り明星・粗品。同じくアニメ好きの相方・せいやもリアクターとして番組に参加。そして、ジャニーズ屈指のアニメ愛の持ち主・Kis-My-Ft2の宮田俊哉がゲストとして出演する。

 実は、MCの粗品は番組の進行を務めるだけでなく、ほかの仕事の合間を縫って、6月からはじまった企画会議に参加。番組の世界観やキャラクター設定、声優のキャスティングまで深く携わってきた。

 そんな粗品の熱意が実り、このプロジェクトのために集結したのは、贅沢すぎる声優&芸人たち。ネタを提供するのは、粗品、ジャルジャル、インパルス・板倉俊之という精鋭。演じるのは、古川慎、内田雄馬、杉田智和、斉藤壮馬、増田俊樹、小林大紀、伊東健人という超人気声優たち。また、キャラクターデザインは『ボーイフレンド(仮)』などで知られる、潤宮るか氏が担当している。

 ネタを披露するのは、4組のキャラクターたち。気になる組み合わせは――正統派漫才コンビという設定の《ルージュブル》には、ジャルジャルがネタを提供。ツッコミ担当の茜リオ(あかね・りお)を古川慎が、ボケ担当の水森ユイト(みずもり・ゆいと)を内田雄馬が演じる。

 自由人な兄と、兄に誘われてお笑いの道に入った弟。そんな異色の双子コンビ《カフェラテ》には、粗品がネタを書き下ろし。兄の澗(かん)と弟の京(けい)を、杉田智和がひとり2役で演じる。

 謎の多い一匹オオカミ個性派ピン芸人・繊細とい(せんさい・とい)のネタは、粗品が担当。演じるのは、斉藤壮馬。

 若さと勢いのあるトリオ“オープンラスト”のネタを手がけたのは、インパルスの板倉俊之。“男の娘”でボケ担当の神風るい(かみかぜ・るい)を小林大紀、明るいツッコミ担当・僕翔馬(ぼく・しょうま)を増田俊樹、2人の話を聞いていないボケ(?)担当・スズを伊東健人が演じる。

 5日は、《ルージュブル》と《カフェラテ》。12日は《繊細とい》と《オープンラスト》がそれぞれ漫才を披露しする。

 スタジオでは、MC・粗品が企画段階から参加していたことを知った宮田が「僕も会議に呼んでくださいよ~」とスタッフ入りを志願。また、粗品がネタを書いて杉田がひとり2役を演じた《カフェラテ》の漫才で、宮田は「脚本、最高ですね。素晴らしい!」「粗品さん、わかってますね~」と大絶賛。霜降り明星とは初共演でありながら、「この番組は贅沢すぎです。クオリティの高いお芝居とネタとアニメーション…。アニメ好きな人は全員、釘付けになると思います」と盛り上がりまくりのトークを繰り広げていた。

 さらに、番組のオープニング&エンディングテーマの作詞作曲を粗品が担当。かねてからボカロPとして作品を発表している粗品が、バーチャルシンガー・花譜とのコラボを果たしている。そしてなんとオンエア終了後から、ネタの出番を終えたキャラクターたちの会話を聞くことができる《電話で聴けるキャラクターボイス》も期間限定で実施。番組スタッフが先走って制作してしまったキャラクターグッズの情報などとあわせて、詳細は番組公式ツイッターで案内する。

【Kis-My-Ft2宮田俊哉コメント】
 本当に楽しかったです!ネタを作るプロ、声で表現するプロ、絵を描くプロ…プロが集まって本気出したら、こんなにスゲーこと出来るんだ!って思いました。それを生で見られて幸せでした。

 僕を応援してくれているファンの皆さんも、僕がこんなに楽しそうにしてる姿ってなかなか…(笑)。自分の趣味の部分を全面に出す機会があまり無いので、この番組ではスゴくはっちゃけてしまいました(笑)。