新型コロナウイルス感染が判明し療養中のタレント・山口もえ(43)が5日、都内で出演予定だった映画『きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!』リモート舞台あいさつを欠席。メッセージを寄せて近況を報告した。

【写真】山口もえが公開…田中裕二&娘のほっこり2ショット

 山口は8月25日に新型コロナウイルスに感染していることが判明。発熱の症状もあったが、25日深夜には自宅待機となっていた夫の爆笑問題・田中裕二(55)が山口について、すでに熱は下がったことをリモート出演したラジオで報告。しかし、翌26日には田中もPCR検査で陽性と診断され、自宅で療養している。

 同イベントでは山口のメッセージをMCが代読。「ご来場いただき誠にありがとうございます。オンライン舞台あいさつに登壇を予定していましたが、体調不良により欠席させていただくことになりました。もう元気になったのですが、大事をとってきょうはコメントでお祝いさせていただきます」と近況とともに欠席を伝えた。

 映画について「きのうから公開になり、やっとみなさまに見ていただける日がきました。私もこの日を心待ちにしていました。声優初挑戦ということもあり、私にとってはすごく思い入れのある作品にもなりました。みなさまにとっても家族で見た思い出の作品になればいいなと思います」と願うとともに、共演したお笑いコンビ・麒麟の田村裕、川島明にも「きょうはお会いできず寂しいです。私の分もどうぞよろしくお願いします」と呼びかけていた。

 川島は「山口さんが連絡くださいまして、いまはご自愛くださいと言ったんですけど『どうにかならないですか?』と言われて…。若手芸人みたいなこと言い出してました(笑)」と山口とのやり取りを明かし、「本当に元気なんですけど、念のための欠席ということで。映画のなかでも一番大活躍してます」とフォローしていた。