この秋、ニッポン放送の昼が大きく変わる。『DAYS』(月~水)と『大橋未歩 金曜ブラボー』(金)が放送されている午後1時からの時間帯に、月曜から木曜はナイツがパーソナリティーを務める『ナイツ ザ・ラジオショー』(後1:00~3:30)、金曜は中川家がパーソナリティーを務める『中川家 ザ・ラジオショー』(後1:00~3:30)がスタート。番組を貫く大きなテーマは「笑い」で、平日の昼に新たな風を吹き込むことになるが、ORICON NEWSでは、ナイツと女性パートナー陣に独占でインタビューを行い、新番組にかける意気込みに迫った。

【画像】ナイツ&中川家の新番組ロゴ

 今回、笑いをテーマにした新番組をスタートするにあたり、同局が現在のお笑い界にとっても重鎮である2組に新番組をオファー。番組では、午後1時冒頭から30分程度、芸人ならではのフリート―クを想定しているほか、リスナー投稿型の「ネタコーナー」なども用意し、深夜放送リスナーやお笑いリスナーが楽しめるような仕掛けも企画している。

 ナイツが担当する月~木曜は、曜日別の女性芸人パートナーも登場。月曜から平野ノラ、相席スタートの山崎ケイ、メイプル超合金の安藤なつ、ハリセンボンの箕輪はるかが担当する。曜日ごとのパートナーに沿った企画も展開し、ナイツと各パートナーとの掛合いも届けていく。ナイツは、木曜の『ビバリー昼ズ』も引き続き担当することになり、ニッポン放送だけで毎週11時間半の生放送ラジオ番組を行う計算となる。中川家のパートナーは、『DAYS』から引き続き同局の東島衣里アナが担当する。

■ラジオスタートで寄席出演に余波も「口実できた」 山崎ケイがナイツラジオの魅力を力説

――新番組のオファーを聞いた時の心境

【塙宣之】まぁーありがとうございますっていうことですかね。笑いを届けるのがタブーと言われていますから。

【土屋伸之】そんなこと初めて聞きましたけどね(笑)。

【塙】毎回「笑いを届ける」って言い過ぎると、やりにくいので、はじめは情報番組っていう風にしておいていただけるとありがたいですね。

【土屋】そんな内容じゃないですよ。芸人さんのラジオって、深夜から始まるんですけど、僕ら1回も深夜でやったことないのに、朝と昼だけで全部で15時間半って、どうかしているオファーがきたなと思いました(笑)。

――まさに令和のラジオスターですね

【土屋】でも、僕らの年代でお昼にやるってあんまりなくて、永六輔さん、大沢悠里さんがやられているイメージですからね(笑)。

【塙】浅草の東洋館って、12時から16時半までやっているんですけど、ちょうど出演できないんですよ。だから「やったー!」って心の底から思いました。口実ができましたから。

【土屋】物理的に出るのが無理だからね(笑)。でも、ラジオいっぱいやらせていただくことができてありがたいですよ。

――女性陣のみなさんはいかがですか?

【平野ノラ】私は今まで美貌でやってきたので、おしゃべりは未知数なところがあるんですけど、ナイツさんがいらっしゃるので、肩を借りて参加しようかな…。

【土屋】肩を借りて? 胸を借りてじゃない?

【平野】あっ、そうだ(笑)。肩パッドじゃなくて、胸の方ですね(笑)。

【塙】ラジオだったら、メイクはどうするの?

【土屋】働きやすい環境が大事なので、その辺りは(ノラが)やりやすいようにやってもらえたらと思います。

【山崎ケイ】私の場合は、母親が昼のラジオを聞きながら家事をしていた家庭だったので、昔から昼のラジオは聞いていて。今もナイツさんの『ちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)も聞いていますし、爆笑問題さんのラジオも好きで…って、他局ばかりですが(苦笑)。それでよくよく考えると、おじさんがキャッキャしているのが私は好きなのかなと(笑)。いろんなラジオを聞いたんですけど、爆笑さんとナイツさんが特に好きで、なんでだろうって思ったら、キャッキャしているっていうところが好きなんだと気付きました(笑)。

【安藤なつ】私は最初、お話をいただいた時に「誰が選んでくれたの?」って詰め寄りすぎちゃって、困らせてしまいました(笑)。それくらいうれしくて、ありがたいですね。ナイツさんとは営業とかで一緒だったりして。実は、私たちが2015年の『M-1グランプリ』で決勝進出が決まったっていう時に、土屋さんに抱きついてしまって(笑)。

【土屋】今のカズレーザーのキャラと違いますけど、決勝進出が決まったっていう瞬間、たまたまオレが横にいたから、カズレーザーが「土屋さん抱きついていいですか?」って言って。オレは落ちていたんですけど(笑)。カッコいい先輩みたいになるかなと思ったんですけど、2人が思ったよりも重量級だったので、ちょっとよろけちゃいました(笑)。

【安藤】その時は、ありがとうございました。塙さんはテクノが好きだということなので、うれしいですね。私もめっちゃくちゃ好きで、きょうも電気グルーヴの「メカニカル娘」を聞きながら来ました。いろいろお話させていただきたいですね。YMOも大好きなので、その辺のお話も…昼にできるんですかね(笑)?

【箕輪はるか】私もナイツさんとやらせていただくのはうれしいんですけど、木曜日ということで、ナイツさんが一番お疲れの時で、すごく大変だろうなと思っていたら、きょう新たに知らされたことがありまして。ナイツさんが『ビバリー』を13時までやっていて、この番組が13時にスタートするんですね。ナイツさんが、『ビバリー』のブースをすぐに移動されても、『ラジオショー』の最初は私ひとりしかいないみたいで…。出だしの30秒くらいは『箕輪はるか ザ・ラジオショー』になっちゃいそうです。

【土屋】木曜だけ、同じスタジオにして、清水さんとはるかさんを交代した方が早いかもしれないですね(笑)。あと、今思ったんですけど、木曜日って、僕らいつ昼ごはん食べるんですか(笑)。最初の30分くらい、はるかさんにひとりでしゃべってもらうしかないかもしれないですね。

【一同】爆笑

■ラジオの師匠・高田文夫氏も大喜び ライバルはテレ東の『昼めし旅』?

――周りの反響などはいかがでしょう?

【土屋】やっぱり、高田文夫先生に最初に報告した時に、喜んでくださったのがよかったですね。ラジオの師匠なので。寄席の師匠が三遊亭小遊三、漫才の師匠が内海桂子、ラジオの師匠が高田文夫なので、やっぱり高田先生に喜んでいただけるっていうのはうれしいんですけど、ちょっと前のめりすぎるという話も聞いていて(笑)。初回のゲストに来ていただけるんですけど、出演されている月曜ビバリー終わりにそのまま毎週来てくれるんじゃないかっていうくらいの勢いみたいで(笑)。

【塙】2012年から13年にかけて『ナイツのサタデー知っとかナイツ』をやらせてもらって、そこから高田先生に『ビバリー昼ズ』の準レギュラーをやらせてもらっての今なので、今回のことで恩返しみたいなこともできましたし、ずっとつながっている感じがします。TBSラジオの『ちゃきちゃき』も結局、前番組は高田先生の師匠の永六輔さんで、それで「お前ら、行けよ」っていうところもあったので、高田先生次第っていうところもありますね(笑)。今回のことも、高田先生から「ダメだよ!」って言われたら…それでも「嫌ですよ!」って言ってやりますけど、喜んでいただけたのはよかったです。

【平野】みなさんが「ナイツさんだったら、大丈夫ですね」とおっしゃっていました。OKバブリーケツカッチンです(笑)。

【山崎】私はラジオが好きで、最初は「コンビで深夜ラジオをやりたい」って思うじゃないですか。別の局で深夜ラジオをやらせてもらえて。「いつか昼のラジオも出たい」という夢があったので、すごくうれしいです。

【安藤】ナイツさんと一緒にラジオをやるって聞いた、友だちのライターさんから「おめでとう」って連絡がきて「ちょっと緊張しているんです」って返したら「清水ミチコさんを参考にすればいいよ」って言ってもらえたのですが、私はまだあんな感じでナイツさんは扱えないですね(笑)。

【土屋】清水さんすごいですよ、本番10分前にスタジオに来て、雑誌を読んでいるんですよ(笑)。絶対に参考にしたらダメですよ(笑)。

【箕輪】私はまだ周りに、番組が始まることを言ってないので、反響はまだないんです(笑)。

――強力な裏番組も並ぶ時間帯ですが、改めて意気込みを聞かせてください。

【塙】裏番組…そうですねフジテレビの『バイキング』だけには負けたくない。あとテレ東の『昼めし旅』には負けたくないです(笑)。ラジオをつけた時に、いつも笑いがあったらいいなと思いますね。『ビバリー』からの流れで聞いていただけたらうれしいなと思います。

【土屋】裏番組もすごくいいので、ニッポン放送さんのお気持ちはわからないですけど、みんなが長く続けばいいなと思います。でも、なんか各局いいバランスといいますか、それぞれ違った感じになるので「これで、いきましょう」っていう感じですね(笑)。