俳優の吉沢悠が9日放送の日本テレビ系連続ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜 後10:00)第5話からの新キャストとして参加することがわかった。15年前の、世間に知られてはいけない「光月庵の秘密」を知る市議会議員の溝口真之介として謎多き役柄を演じる。後半から途中参戦する吉沢は「ストーリーのラストまでかき乱して行きますよ!!」と宣言している。

【動画】浜辺美波&横浜流星の“LOVE”が満載!

 講談社『BE・LOVE』で連載中、累計発行部数300万部の安藤なつみによる人気コミックを実写化。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋『光月庵』の当主殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合うラブミステリー。

 第5話では七桜の正体を知る男・多喜川(山崎育三郎)と多喜川からの依頼で七桜の母親を演じる女性・夕子(須藤理彩)の営む小料理屋に突然やってきた女将・今日子(観月ありさ)。そこにたまたま客として現れた溝口との会話からは、2人の浅からぬ仲が伺えて…。

 すべての因縁の発端となった、15年前の当主殺害事件。女将、大旦那、職人たち、七桜を取り巻く人々の中で、誰が真犯人なのか、事件の真相を知るのは誰なのか。吉沢は「高月今日子役の観月ありささんと、オトナの怪しい雰囲気で、若い2人の恋路にお邪魔して行きたいと思います。ご期待ください」とコメントを寄せている。