俳優の玉木宏が主演する、10月スタートの読売テレビ・日本テレビ系『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)。玉木演じる“元極道”で、今は専業主夫・龍のコワモテなエプロン姿というインパクト大な姿と、共演の川口春奈、志尊淳のキャストビジュアルが公開された。同時に3人からコメントも到着し、玉木は「こんな外見の龍ですが、内面は真っすぐでバカ正直。どんな行動も美久や家族のためなんです。そこは龍を演じる上で一番、大事にしたいところでもあります」と役にかける想いを語った。

【画像】川口春奈が演じる龍の妻・美久の原作カット

 『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で第2位、累計200万部突破のおおのこうすけ氏による人気漫画『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)を実写化。コワモテだけど、愛情深くて実は可愛らしい元最強の極道“不死身の龍”が、専業主夫の大変さや楽しさを知りながら、トラブルや悩みを爽快に解決する仁義なきヒューマン任侠コメディ。

 そんな龍を取り囲むキャラクターたちも個性的。龍の妻で全く家事のできないキャリアウーマン・美久を演じる川口は「美久は何事も一生懸命でかわいい人ですね。家事や料理が苦手だったり、周囲とズレたところもあるんですが、そこがチャーミングなんです」と紹介。ドラマ版では向日葵という娘もいることから「龍さんが向日葵とどういうやり取りをするのかも楽しみです」と見どころを語る。

 そして「(龍は)あんな感じなのに家事が上手で、早起きして作ったお弁当の写真をSNSにアップしてみたいなことをするんだから、すごいギャップだと思います。でも、たぶん美久はそんな龍さんの内面を好きになったんだと思うし、愛のある掛け合いにしたいですね」と展望。川口とは6年ぶりの共演となる玉木は「美久は龍と違いまったく家事ができないですが、そのできない感じも面白いし、彼女から毎回ラリアットをされるのも楽しみです(笑)」と期待する。

 一方、龍の元舎弟・雅を演じる志尊は「雅の役柄に合わせて髪型を明るくしたら、完成まで7時間かかりました。でも髪型や衣装を作り込むことでキャラクターを作る助けになってくれると思うし、パッと見ただけで雅だと分かる感じになってくれればと思っています。ここまでやったからには、もう気合い入れてやるしかないですね(笑)」と外見にも相当なこだわりをみせる。

 ドラマ版では、雅と龍がいた組のことや極道内でのやり取りも描かれる。今回が初共演となる玉木には「いろいろな方に玉木さんのことを聞いたら、優しくて素敵な方だと皆さん口をそろえておっしゃっていましたし、安心して胸に飛び込んでいきたいです」と信頼を寄せ、玉木も「一緒にインタビューなどを受けてみると、その言葉から柔軟性がある人だと感じられて、いい師弟関係、兄貴と舎弟になれるのではないかと思っています」と2人のコンビネーションにも注目だ。

■キャストコメント全文
 
<玉木宏>

龍は元極道らしく、外見からして非常に強烈なキャラクター。ここまで変身する役は、少なくとも現代劇ではなかったと思います。ただ、インパクトの強いアイテムがたくさんあるおかげで役に入りやすいですし、自然と作品の世界観に引き込んでもらえる気がします。こんな外見の龍ですが、内面は真っすぐでバカ正直。どんな行動も美久や家族のためなんです。そこは龍を演じる上で一番、大事にしたいところでもあります。

僕自身、できる限り家事をやるようにしているので、改めて何かを練習するということはなかったです。イタリアンに和食と料理もいろいろ作りますし、魚をさばくこともできます。掃除に関しては苦手なので、ちゃんとできたらいいなと思っています(笑)。龍のセリフにもありますが、日中にいろいろ家事をし、家族が帰ってくるまでに食事の準備をし、子供がいれば寝かしつけるという主夫や主婦の生活は大変だと思います。いつも家をキレイで安全な状態に保っていると考えると、本当にありがたい存在ですね。

川口さんとは6年ぶりの共演になります。彼女の瞬発力は前作のときに見させていただいていますし、ふとした瞬間にパッと熱量が上がる美久の雰囲気は想像できるところがあります。美久は龍と違いまったく家事ができないですが、そのできない感じも面白いし、彼女から毎回ラリアットをされるのも楽しみです(笑)。雅を演じる志尊くんとは初共演になりますが、一緒にインタビューなどを受けてみると、その言葉から柔軟性がある人だと感じられて、いい師弟関係、兄貴と舎弟になれるのではないかと思っています。

この作品で描かれているのはひと言で言うと家族の日常になるのですが、それでいて非常におかしく、見たことがないコメディになるのではと感じています。不安や心配ごとの多い時代だからこそ、家族で談笑しながら楽しんでいただけるとうれしいです。原作にはないオリジナルの要素、例えば龍と美久のなれそめエピソードも描かれてきますし、コミカルでありながらもハートフルな作品にしたいです。

<川口春奈>

美久は何事も一生懸命でかわいい人ですね。家事や料理が苦手だったり、周囲とズレたところもあるんですが、そこがチャーミングなんです。ドラマ版では向日葵という娘がいるんですが、きっと美久みたいに子供がいてもバリバリ働いている女性はたくさんいるでしょうし、龍さんと比べればだいぶ現実味があるキャラクターだと思います(笑)。実は私自身も家事が苦手で、自粛期間中にいろいろ挑戦してみたんです。でも、やっぱり上手にできなくて。龍さんみたいな旦那さんがいたら助かるし、自分の母親もそうですが、家事や子供の面倒を見てくれる人に尊敬の思いを感じました。

久しぶりにお会いした玉木さんはもう龍さんになっていて、インパクトの強さに驚きました(笑)。あんな感じなのに家事が上手で、早起きして作ったお弁当の写真をSNSにアップしてみたいなことをするんだから、すごいギャップだと思います。でも、たぶん美久はそんな龍さんの内面を好きになったんだと思うし、愛のある掛け合いにしたいですね。龍さんが向日葵とどういうやり取りをするのかも楽しみです。志尊さんとはこの作品ではじめてご一緒します。役作りのために髪の色を変えたと噂に聞いてはいたのですが、想像した以上で(笑)。でも、だからこそ皆さんも新鮮な印象を受けると思いますし、雅とのシーンも多いから楽しみです。

ほかにも極道の皆さんは強烈なビジュアルなんですが、どの人もギャップがありながらも真っすぐ生きていて。傍から見たとき、そこが面白いと思うから、あまりコメディということは意識せずに皆さんと絡んでいきたいです。世の中に閉塞感がある中、家族の温かさを描いたこういう作品に携われることは光栄ですし、原作よりもさらにパワーアップさせたドラマをお届けしたいと思います。

<志尊淳>

雅の役柄に合わせて髪型を明るくしたら、完成まで7時間かかりました。でも髪型や衣装を作り込むことでキャラクターを作る助けになってくれると思うし、パッと見ただけで雅だと分かる感じになってくれればと思っています。ここまでやったからには、もう気合い入れてやるしかないですね(笑)。

ドラマ版『極主夫道』では、雅と龍さんのいた組のことや極道内でのやり取りも描かれていきます。おそらく龍さんの家庭内での出来事とは違った角度になるし、極道たちの中で生み出される笑いもあるので楽しみです。

出演に際して瑠東監督とお話させていただいたですが、この作品に対してすごく熱い思いを持たれていて。演じる上での不安がやわらいだし、原作とはまた違った魅力が広がる作品になるのではと期待が膨らみました。今から難しそうだなと思っているのが目上の人、組長とかにどんな感じでツッコむかですね。実生活で目上の人にタメ口で話すことはまずありませんし(笑)。一応、雅は極道でもあるわけだから、そのあたりのリアリティをどうやって持たせていこうか考えています。

龍さんはあまり多くを語らず、大事なことは背中で語る感じが素敵だと思います。また現場での玉木さんを見て、いいな、好きだなという瞬間がたくさん見つかると思うので、そこで感じた自分の思いを大切に演じたいです。色々な方に玉木さんのことを聞いたら、優しくて素敵な方だと皆さん口をそろえておっしゃっていましたし、安心して胸に飛び込んでいきたいです。川口さんは芯が真っすぐな方だと、テレビなどを見て勝手な印象を抱いていて。美久のふわっとした部分をどう表現していくのか、楽しみにしています。