オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』元練習生の本田康祐、中川勝就、浦野秀太、佐野文哉の4人からなるボーイズグループ・OWV(オウブ)が5日、さいたまスーパーアリーナで開催されている国内最大級のファッションイベント『第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER』にメインアーティストとして出演した。

【動画】OWV、デビュー前に大舞台で歌唱 「UBA UBA」を披露

 ステージでは「BE ON TOP」「So Picky」を連続で披露。デビュー前とあって、メンバーは自己紹介をすることに。本田は「OWVのリーダー、赤髪の本田康祐です」と話し、中川は「メンバーで唯一の関西弁の中川勝就です。OWVのメンバーとしてTGCの舞台に立ててうれしいです」と笑顔を見せた。浦野は「今は髪色が銀髪なので、銀髪で覚えてください。デビュー前にもかかわらず、このような大きな舞台に立たせていただいて、ありがとうございます」とメッセージを送り、佐野は「青髪ダンスリーダーの佐野文哉です」と自己紹介した。

 そして最後は、メジャーデビューシングル(9月30日発売)の表題曲「UBA UBA」を歌唱。キャッチャーな「UBA UBAダンス」も解説し、繊細で豪快なパフォーマンスで魅了していた。

 『日本のガールズカルチャーを世界へ』をキャッチコピーに2005年8月から年2回で開催されたTGCは、今回で31回目。白石麻衣(乃木坂46)、池田エライザ、中条あやみらモデルがランウェイ競演、人気グループ・JO1、OWV、Novelbrightらのパフォーマンスも行われた。なお、新型コロナウイルス感染症による感染拡大につき、第30回に続き2度目の無観客開催となった。