俳優の草なぎ剛(46)が10日、都内で行われた映画『ミッドナイトスワン』(25日公開)世界初!!世界最長925秒予告お披露目イベントに登壇。本作で、トランスジェンダーの凪沙を演じた草なぎに対し、メガホンをとった内田英治監督(49)は「役と同化していました」と憑依型の演技を絶賛した。

【写真】フェイスシールドをつけられたマイクをジッと見つめる草なぎ剛

 内田監督は「撮影の初日から思っていた凪沙と全然違った。歩き方も仕草も…。草なぎさんという役者さんだからできることで、僕も新鮮でした。自然に動くので、動きが予測不可能でした」と賛辞を送った。

 娘役で本作で女優デビューを果たした服部樹咲(14)は「前日までどういう感じで凪沙を演じるのか想像もつかなかったです」と大先輩の演技力に驚きの様子だった。

 2人から絶賛の声をもらった草なぎは「撮影は楽しかったです。映画って面白いですよね。役を、僕のことを凪沙という役をみんなが愛してくれた。僕が演じたんですが、みんながこの役を好きでいてくれてできました」と周囲のサポートに感謝した。

 この日のイベントには、真飛聖(43)も出席した。

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きる凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。