11人組グローバルボーイズグループ・JO1が5日、さいたまスーパーアリーナで開催された国内最大級のファッションイベント『第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER』にメインアーティストとして出演。大トリでパフォーマンスを披露した。

【動画】「OH-EH-OH」含む豪華3曲披露!TGC大トリを飾ったJO1

 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は、101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって昨年末に結成。9ヶ月あまりで『TGC』の大トリを飾った。

 「GO」「So What」を歌唱後はMCに。それぞれ他己紹介をし、ランウェイを歩くと、中継を見ていたファンは大盛り上がりとなった。そして、先月26日に発売した2ndシングル表題曲の「OH-EH-OH」を披露。大トリにふさわしい圧巻のステージを見せ、『TGC』を締めくくった。曲の最後は全員でランウェイトップに。豆原は「めちゃめちゃ気持ちよかったですね。こんなに大きな会場でやらせていただいて楽しかったです」と頬を緩ませた。白岩は「貴重な経験。僕らはまだデビューからちょっとしか経っていないのに、こんなにステキなステージに立たせていただいた。感謝しかないですね」と感慨深げだった。

 最後は與那城が「JO1を初めてという方も、ぜひ覚えて帰ってください!」と呼びかけると、メンバーは「またね~」と再び『TGC』のステージに立つことを約束していた。

 『日本のガールズカルチャーを世界へ』をキャッチコピーに2005年8月から年2回で開催されたTGCは、今回で31回目。白石麻衣(乃木坂46)、池田エライザ、中条あやみらモデルがランウェイ競演、人気グループ・JO1、OWV、Novelbrightらのパフォーマンスも行われた。なお、新型コロナウイルス感染症による感染拡大につき、第30回に続き2度目の無観客開催となった。