俳優の東山紀之が主演する映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』(2021年1月8日公開)の予告編とポスタービジュアルが公開された。月蝕の夜、ある出来事で1年ぶりに再会し結びついた3組の夫婦とひとりの独身男性によるパーティーが一転、あるゲームをきっかけに予測不可能な展開を迎えるコメディー作品。秘密が次々に露わになり、「このクソヤロー!」と強烈なビンタや「死ね!」の絶叫がさく裂する修羅場シーンも解禁された。

【動画】東山紀之がモテない独身男性に…予告編公開

 今作はスマホの存在がおとなたちを翻弄し、衝撃と毒のある笑いで全世界の観客を魅了し18ヶ国でリメイクもされた、伊アカデミー受賞作『おとなの事情』の日本版。スマホに届くメールと電話の内容をパートナーや友人たちとさらし合う、そんなゲームを始めてしまったおとなたちだったが、実は全員誰にも言えない秘密を抱えていた。それぞれが緊張の夜を過ごすハメになってしまったその行方に待っていたのは――。

 集まったのは、鈴木保奈美&益岡徹が演じる50代のセレブ夫婦、常盤貴子&田口浩正が演じる40代の倦怠期夫婦、木南晴夏&淵上泰史が演じる30代の新婚夫婦、そして東山紀之が演じるモテない独身男の7人。全員「後ろめたいことはない」と言いながらも、実は絶対に知られたくない秘密を抱えた人々は必死で自分の秘密を隠そうとし、こっそりスマホを持ってテーブルから離れようとしたり、スマホを誰かと交換して難を逃れようとしたり…。しかし他人のスマホの秘密は絶対に知りたい。やがて、決定的なメールによってパーティーは修羅場と化す。

 逃げ場のない状況下で、携帯が鳴る度に慌てふためき、それぞれが隠していた秘密が露になり、パーティーからは笑顔が消え去り大混乱。行きつく先の見えないなか、「最低なのは俺なんだ…」とつぶやく独身男。彼が隠す“最大の秘密”はいったい何なのか。パーティーの果てには、誰もが想像しなかった予測不能な事態がやってくる。

 併せて解禁されたポスタービジュアルも笑顔でテーブルを囲むおとなたちに対して、まさに“笑っていられるのは、今のうち”のキャッチコピー通りの笑えない状況下に立たされた7人の表情が上部に切り取られており、それぞれが隠してきた秘密は一体何なのか期待が膨らむビジュアルとなっている。