女優の真矢ミキが10月17日スタートの東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『さくらの親子丼』(毎週土曜 後11:40)に主演することが、わかった。2017年10月、そして2018年の12月に続くシリーズ第3弾としてこの秋、行き場のない子どもたちに無償で親子丼をふるまっていた“世話焼きおばさん”九十九さくらが復活する。今作からは新キャストとして、新川優愛、山崎静代、そして前作より引き続き、名取裕子が出演する。

【写真】前作より親子丼を作るさくらさん

 前作では虐待や育児放棄、親の失踪など様々な事情で家族と一緒に暮らすことができない子どもたちが、一時的に避難する場所・子どもシェルター『ハチドリの家』の食事スタッフとして働き始めたさくら。あれから2年。さくらは、三谷桃子弁護士(名取)が新たに作った子どもシェルター『第2ハチドリの家』で子どもたちと向き合い続けていた。

 今作では父親から虐待を受けながら、その父を見捨てることができない少女に、母親に殺されかけ九死に一生を得た少年。そして父親の虐待を裁判で訴えた幼い少女。そこには、傷ついた子どもたちが次々とやってくる。平成から令和へと時代は変わっても、行き場のない子どもたちは増え続け、子どもたちを守る場所は不足したまま。

 そんななかやってきた正義感あふれる若手弁護士・宮部雪乃(新川)の子どもたちへの熱心すぎる思い入れは、時に激しい摩擦を起こすことに。明るい性格ながら空回りしてしまう雪乃に、子どもたちは返って離反し、激しく傷ついてしまう。そんな姿にかつての自分を見出し、優しく寄り添うさくら。さらに、さくらは加害者である親にも向き合い、心の奥底を開いていく…。

 そして、山崎が演じるのは第2ハチドリの家のホーム長・高瀬川多喜。プロボクサー引退後、行き場を失った子どもたちを助ける仕事がしたいとの思いから社会福祉士の資格を取り、今の職に就く。やり場のない怒りや悲しみを抱えた子どもたちに、ボクシンググローブを差し出し、パンチを打ち込ませ受け止めていた。時として、さくらや桃子までもがストレス解消でパンチを繰り出すやんちゃな面を持つ。

 また、名取演じるおばちゃん弁護士・桃子先生は、多忙を極めながらも、新たな幸せを見つけようと、お見合い倶楽部に入会するという新たな展開も。

 真矢は「私は不思議なくらい、このさくらを演じる時、役を演じるという気持ちがなくなるのです。魂の触れ合いのような、それほどこの作品は伝えたい事で溢れているのだと思います。子どもたちから大人の方まで広く、そしてひとりでも多くの方に見ていただきたいです。この秋はさくらの親子丼であたたまってください」とメッセージを寄せている。

■キャストコメント

<真矢ミキ>
『さくらの親子丼』第3弾が決まり、またさくらに会えるという純粋な喜びと、コロナ禍でさらに増え続けている虐待のニュースを拝見してこの時代にまたさくらに出会えることの必然性を感じ、演じることや作品への思いが強くなっています。
前作では、私が演じる主人公の九十九さくらが子どもシェルターの食事スタッフとして子どもたちに向き合いました。大人に固く心を閉ざした子どもたちに自らの考え方を否定されて傷つきながらも、一緒に成長していきました。
今回も子どもシェルターが舞台となりますが、新たな役に挑むように、スタッフ、キャストの皆さんとこの度も丁寧に作り上げて行きたいと思っています。台本では、気づけば心のままに走り出していたさくらから、気づけば立ちどまり、寄り添う姿勢が生まれているのが印象的でした。

さくらさんが「温かい食事(親子丼)を通じて子供たちに手をさしのべる」ように、私のポリシーも「できるだけ自分の事のように相手の人生も応援したい」と思っています。
私もあたたかい母の味の思い出が沢山あります。特には、ロールキャベツ、お雑煮、具のゴロゴロしたカレーライス、そしてやっぱり親子丼かな。

私は不思議なくらい、このさくらを演じる時、役を演じるという気持ちがなくなるのです。魂の触れ合いのような、それほどこの作品は伝えたい事で溢れているのだと思います。
子どもたちから大人の方まで広く、そしてひとりでも多くの方に見ていただきたいです。
この秋はさくらの親子丼であたたまってください。

<新川優愛>
2018年春に「いつまでも白い羽根」で主演をさせていただいたご縁もあり、自分自身とても思い入れのある『オトナの土ドラ』に帰ってきてお芝居が出来ることに喜びを感じています。
さらに人気のシリーズとして続いている『さくらの親子丼』に参加させていただけてとても嬉しく思います。

私は、第2ハチドリの家の新人スタッフで弁護士の宮部雪乃を演じます。私自身も多感な時期に色々なことを考え、悩んだ経験があるので、今回はそんな彼女たちの役を通して見守り、時に寄り添っていきたいですね。

主演の真矢さんとは今回はじめて共演させていただくのですが、テレビで拝見しているとすごく優しそうな方だなぁ、という印象を受けています。お芝居をする上でも大先輩なので、女性としても役者としても沢山のことを吸収していきたいです。

今の時代の「若い子」と呼ばれる世代には、我々がその「若い子」だった頃より、複雑で深い事情があるのではないかと思いますし、明るい気持ちだけだけではなく、少し落ち込んでしまうような気持ちにも、この物語が寄り添えたらいいなと思います。

<山崎静代>
『さくらの親子丼』へのオファーをいただき、ただただ嬉しかったです
私が演じるのは、今回の舞台となる子どもシェルター「第2ハチドリの家」のホーム長・高瀬川多喜という役です。
子どもの時の生活環境がその人の人格を作っていくと思うのですが、辛い思いをしている子供たちがたくさん出てくるお話なので、役を通じてそれぞれの家庭にはあまり深く踏み込めないけど、愛を持って、少しでも良い影響を与えることができるように接していきたいなぁと思いました。辛い思いをしたから優しくなれる、強くて優しい多喜さんになれるように意識しています。
久しぶりに真矢ミキさんと共演させていただけることもすごく嬉しいです。
真矢さんの印象は「女性版金八先生」のようで、素敵であたたかい方です。

共演者のみなさんとスタッフさんと一緒に、大事に作らせていただきたいと思っております。ぜひご覧ください!

<名取裕子>
私は前作『さくらの親子丼2』からの出演で、コロナ禍の中、まじめないいドラマにまた参加できるのをうれしく思っています。
若く、新しい才能や、真矢さんほか新メンバーとのお芝居も楽しみにしています。

シリーズ3作目は、もっと幅広く、老若男女に楽しんでもらえればと思っています。
私が演じるのは子どもシェルター「ハチドリの家」の主宰者で弁護士の三谷桃子という役なのですが、台本を読んで、またまた奥深く問題を抱える子供たちだけでなく、その親たちも闇を抱えていることが印象的でした。私には苦闘する親もまた愛おしく感じられました。「ハチドリの家」のスタッフも、一人の人間としての成長が描かれています。

真矢さんとは、姑の嫁チェックのように料理を味見したりしようかと…共演が楽しみです。
この作品の登場人物に自分のような人がいるはずです。奥行きのあるドラマをぜひお楽しみください。