お笑いコンビのミルクボーイが4日、オンラインで行われたケロッグ『コーンフロスティ王決定戦』に登場。漫才で「忘れっぽいキャラクター」として登場する駒場孝の“おかん”が電話で初登場を果たした。

【動画】ミルクボーイ、“駒場のおかん”が「コーンフレーク」ツッコミ

 今回の生放送では、ケロッグの代名詞でもある「コーンフロスティ」について、牛乳をかけてサクサク食感を楽しむ「サクサク派」と、コーンフロスティを牛乳にたっぷりひたしてしみ込んだ食感を楽しむ「ひたひた派」のどちらがよりおいしいのかというテーマに、ミルクボーイが本気で向き合い、「コーンフロスティ王」を決定していった。

 おかん登場前、駒場は「もとはいえば、おかんが忘れたことで始まったので、その人に聞くのが一番ですよね、1票の重みが違う」としながらも「(今回の出演にあたって)めちゃくちゃ緊張しているんですよ。面白いのは好きですけど、出る側は緊張するみたい」と明かした。

 相方の内海崇の提案で、駒場が「内海が好きな朝ごはんを忘れたみたいで。一緒に考えてもらってええかな」と振って、特徴を伝えた上で、おかんが「それは、コーンフレークやないか!」とツッコミを入れられるのかを確かめることに。見事に「それはコーンフレークやね」とツッコミに成功したおかんに、駒場は息子として「ありがとう、おかん」と感謝の思いを伝えていた。

 ミルクボーイは『M-1グランプリ2019』決勝戦にて「コーンフレーク」ネタで、過去最高となる681点でファーストラウンドをトップ通過。勢いそのままに王者に輝いた。