俳優ムロツヨシが主演する日本テレビ系連続ドラマ『親バカ青春白書』(毎週日曜 後10:30)第6話(6日放送)の場面カットが公開された。ようやく恋人同士となったさくら(永野芽郁)とハタケ(中川大志)。だが父・ガタロー(ムロ)はそんな2人の恋路を妨害。せっかくのチャンスをガタローに潰されてきたハタケとガタローの攻防の行方は…。

【写真】さくら(永野芽郁)を抱き寄せるハタケ(中川大志)だったが…

 同ドラマは『今日から俺は!!』チームの最新作で、福田雄一監督が手がけるオリジナル作品。娘が大好きすぎるあまり、娘と同じ大学の同級生になってしまう父親・ガタローこと小比賀太郎と愛娘のさくらが、一風変わったキャンパスライフを通して絆を深めていく様子を描く。

 本作は全7話のため、物語もあと2話といよいよ大詰め。福田監督ではなく、主演を務めるムロがメガホンを握る今回、とてもいい雰囲気になると必ず二人の前に現れるガタローに、ハタケは疑心暗鬼に。そんななか、美咲(小野花梨)の住みついた小比賀家に、ある事情を抱えた寛子(今田美桜)とネゴロ(戸塚純貴)まで転がり込んでくる。さらにハタケも合流し、小比賀家はめくるめく青春シェアハウスの舞台となる。