Amazon Prime Videoで配信されるAmazon Original シリーズの海外ドラマ『ザ・ボーイズ』のシーズン2が、あす4日午前9時より独占配信される。これに先駆けて、第1話の冒頭3分が特別公開された。

【動画】『ザ・ボーイズ』シーズン2 第1話の冒頭映像

 同ドラマは、有名人のように人気があり、政治家のように影響力があり、神々のように尊敬されているが、そのスーパーパワーを正義のために使用せずに悪用する腐敗したスーパーヒーロー集団”セブン”と、彼らを匠に操って巨大ビジネスを手掛ける“ヴォート社”に、特殊能力を持たない非公式のグループ“ザ・ボーイズ”が、根性と信念で立ち向かう姿を描く。

 シーズン2は、これまでのスーパーヒーローを描く物語とは一線を画する腐敗しきったスーパーヒーローとバイオレンス描写が話題となり、2019年7月にシーズン1が配信されると、大きな話題を呼んだ。

 より強烈で、クレイジーさを増したシーズン2では、ホームランダー(アントニー・スター)に捕まった“ザ・ボーイズ”のリーダーであるブッチャー(カール・アーバン)と、隠れ家に身をひそめるヒューイ(ジャック・クエイド)、マザーズミルク(ラズ・アロンソ)、フレンチー(トマー・カポン)、キミコ(福原カレン)ら“ザ・ボーイズ”のメンバーは、最重要指名手配犯として国から追われる身となりながらも、必死に体制を立て直して“ヴォート社”に立ち向かう。

 今回、公開されたシーズン2・第1話の冒頭映像は、ヴォート社の会議室から始まる。シーズン2で再登場するヴォート社のボス、スタンド・エドガー(ジャンカルロ・エスポジト)が、“セブン”たちスーパーヒーローの今後の方針を幹部に伝える映像と、同時に、ブラック・ノワール(ネイサン・ミッチェル)がシリアに出向き、スーパーパワーを持つテロリストを撃退する衝撃シーンを見ることができる。

 シーズン2では、スーパーヒーロー集団“セブン”の完全支配を目論んでいるホームランダーも、新しく“セブン”の一員に加わったソーシャルメディアに精通する女性ヒーローであるストームフロント(アヤ・キャッシュ)の登場によって自身の存在が脅かされることに。その上、“ヴォート社”が国に取り入るため、超人的な能力を持つスーパーテロリストが現れたことを利用しようと目論む。

 “ザ・ボーイズ”のリーダー、ビリー・ブッチャーについて、彼を演じているカール・アーバンは「ビリー・ブッチャーにとっては、シーズン2は、革命を起こそうとしたあとでかなり状況が変わってしまっている。シーズン2のブッチャーはより人間味があり、自分自身のことを見つめ直し理解しようとする。彼のバックストーリーも少し描かれるし、より深みのあるシーズンになる」と話している。

■『ザ・ボーイズ』 シーズン2 概要
配信開始日:2020年9月4日(金)第1話~第3話、第4話以降は10月9日まで毎週金曜日に配信
話数:全8エピソード
Prime Video 視聴ページ(字幕版・吹替版):https://www.amazon.co.jp/dp/B08GNYFHZ6