日本プロ野球名球会は、きょう9月3日の“ホームラン記念日”にあわせ公式YouTubeチャンネルを開設したことを、発表した。配信開始は秋を予定している。

【写真】開幕2日前には…鷲見玲奈アナとTIMがオンラインイベント

 今年は、新型コロナウイルス感染拡大で野球界だけでなく、日本全体が苦境に立たされている中、球界の未来のために王貞治氏、山本浩二氏を筆頭に、球界を盛り上げるためにチャンネル開設に立ち上がった。

 同チャンネルでは、球界を知り尽くしたレジェンドがバトンをつなぎ、選手たちの素顔や裏話、これからの野球界のことなど、野球の魅力を配信していく。王氏、山本氏のほか、駒田徳広氏、和田一浩氏、宮本慎也氏、前田智徳氏らの出演を予定している。

 「ホームラン記念日」は、1977年9月3日、後楽園球場で王貞治選手が通算756号ホームランを打ち、ハンク・アーロンが持っていた世界最高記録を更新した日。

■王貞治氏コメント
この度、 名球会YouTubeチャンネルの開設ということですが、 野球の裾野を広げる意味でも名球会の活動を理解してもらうためにもいい取り組みになるのではと思っております。できるだけ多くの会員に参加してもらい会員ならではの情報を発信し、野球の楽しさや面白さを伝えることで野球に興味を持ってもらえるきっかけになればうれしいです。コロナの影響で野球を十分に楽しめない状況が続いていますが負けずに頑張っていきましょう。

■山本浩二氏コメント
これまで、名球会は国民的スポーツである野球を通じて、国内およびアジアを中心とした海外でも野球振興や社会貢献活動をしてきました。新型コロナ拡大で世界中が苦境に立たされている今、我々にできることは限られたものでしょうが、名球会にできることを一歩ずつでも「前進」させることが必要だと考えました。会員選手とファンの皆様や野球に関わるすべての人たちが、力を合わせることができれば、明るい未来を実現できると信じています。ぜひ、この活動を一緒に熱く盛り上げていただきたいと思います。