俳優の竹財輝之助と猪塚健太の共演で、2018年7月からFOD(フジテレビオンデマンド)で配信され、同年8月からは地上波放送もされたドラマ『ポルノグラファー』。FOD史上最速で100万回再生を突破した本作が『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』のタイトルで映画化されることが3日、発表された。公開は2021年春。

【動画】竹財輝之助&猪塚健太からコメントが到着!

 原作は、丸木戸マキ氏によるBL漫画。ドラマ版は配信・放送のたびにSNSのトピックスの上位にランクインし、19年2月からは2作目の『インディゴの気分』も実写ドラマ化。それと同時に漫画連載がスタートした『續・ポルノグラファー プレイバック』の物語が、映画の中で描かれる。

 竹財が演じるのは、官能小説家・木島理生。猪塚は大学生・久住春彦を演じ、2人を中心としたラブストーリーが展開される。『インディゴの気分』は、木島と編集担当・城戸士郎(吉田宗洋)の恋愛とも友情とも区別できない過去が描かれた。3作目にして最終章の本作では、木島と久住の互いを思いながらもすれ違ってしまう、2人の未来について葛藤する姿が紡がれる。

 メガホンをとるのは、永瀬廉主演の映画『弱虫ペダル』(公開中)や令和版『東京ラブストーリー』を手がけ、本作のドラマ版も担当した三木康一郎監督。“大胆な描写を含む攻めた本気のBL作品”でありながら、BLのジャンルを超えて人を思う気持ちと深く心に刺さる恋愛ドラマとして製作する。

■キャストコメント
・竹財輝之助(木島理生/きじま・りお役) 
ついにここまで来たか、というのが正直な感想です。『ポルノグラファー』を撮っているときには考えもしなかったことなので、ここまで約2年ちょっと、愛してもらえる作品だったんだなあとうれしい気持ちが大きいです。『ポルノグラファー』から『インディゴの気分』も制作されて、さらに映画化まで、本当にファンの方の熱意のおかげだと思っています。もちろん皆さんが喜んでくれるような作品にしたいです。原作の丸木戸先生が今作を最後だと言い切っている作品でもあるので、木島先生と春彦の、ひとつの答えになるような作品になればよいなと思っています。また、僕自身も映画が好きで、この作品をスクリーンで2時間集中して見れることはとてもぜいたくな時間だなと思います。ぜひ劇場に足を運んで、楽しんで、どっぷり浸かってください。

・猪塚健太(久住春彦/くずみ・はるひこ役)
映画化されると聞いたときは、非常にうれしかったです。『プレイバック』は丸木戸先生が漫画を続編として描き始めたときから、演じられたらいいなと思っていたので、その機会がまさか映画として実現すると聞いて本当に驚きました。前回『ポルノグラファー』の時は普通の大学生で、自分の気持ちを確かめながら木島さんにどんどん振り回されていく役柄だったのですが、今回は逆に春彦は好きというはっきりした気持ちがあるのに、伝わっているか分からなくて不安という振り回され方をしているので、前回とは違う春彦の心の動きを、繊細に伝えられるように演じたいです。「ポルノグラファー」がちょうど2年前くらいですけど、いまだに皆さんがSNSを通じて応援してくれて、火を絶やさないでいてくれたので、それが続編、さらには映画化に繋がったのだと思っています。楽しみに待ってくださっている皆さんを想って死ぬ気で頑張ります。期待して楽しみに待っていてください!

■原作者・監督コメント

・丸木戸マキ氏
なんと『ポルノグラファー』の続編『プレイバック』が映画になります…!! 2018年にドラマ化していただいて以来、ファンになってくださった方々が本当に長い間たくさんお声を寄せてくださったおかげで実現できた劇場版です。原作と異なる点もありますが、一連のシリーズの最終作として楽しんでいただける作品になると私も期待しております。お楽しみに!

・三木康一郎監督
『ポルノグラファー』がなんと映画になります。3年越しの集大成です。3年前、最初に作った時は、シリーズをこんなに作ることになるとは思ってもいませんでした。ファンの皆さんの熱い想いのおかげです。ありがとうございます。今回は、映画です、、、、が、だからって『ポルノグラファー』の世界観を変えるつもりはありません。登場人物はもちろん増えますが、あの木島、あの春彦、あのじめっとした質感。タバコの煙、コーヒーの香り、そして、深い愛情がそこに存在することでしょう。劇場の大きなスクリーンで『ポルノグラファー』の世界観を表現できることに、心高ぶってます。皆さんも、瞬き一つせず、一秒一秒を心に刻んでください。木島と春彦の純粋な心に酔ってください。この作品は、きっと皆さんの心の奥深くに眠る何かをくすぐるものになると思います。