俳優の堤真一と女優の石田ゆり子が夫婦役で初共演する映画『望み』(10月9日公開)の場面写真が3日、解禁になった。

【別カット】キッチンに立ち母の顔を見せる石田ゆり子

 モデルハウスのような高級住宅で暮らす石川家。誰もがうらやむ家庭だったが、高校生の息子・規士(岡田健史)がけがでサッカー部を辞めて以来、無断外泊を繰り返すようになる。ある日、家を出たきり行方がわからなくなると、規士の同級生が殺害されたニュースが流れる。警察からは、規士が事件に関与した可能性が高いと告げられる。行方不明は3人。犯人と見られる逃走中の少年は2人。犯人であっても生きていてほしいと願う母と、息子の無実を信じたい父の家族の“望み”が交錯していく。

 場面写真は、堤と石田の姿をとらえたもの。メガホンをとった堤幸彦監督は堤の演技に対し「大胆な演技と神経質な演技の両方を兼ねそろえ、役を生きているようだった」と絶賛。石田には「もらい泣きしたところが何度もあった。石田さんの品の良さが100%発揮された」と撮影現場を振り返った。