俳優の田中圭が3日、都内で行われた『ドラゴンクエストウォーク』1周年記念新情報&新CM発表会に登場。同ゲームにはまりすぎて、芝居中も起動していたことを明かした。

【写真】中村倫也とともに登場!スライムを持って微笑む田中圭

 田中は「はまるときは寝ないでやるのでしんどかったです」と苦笑。さらに「最近はないですが、撮影中もウォークモード(自動でモンスターと戦闘する機能)にしたり。お芝居しながらでも戦ってくれるから、衣装のカバンに入れたりしてました」と話すと会場は笑いに包まれた。

 続けて「1回、友だちといろんなところに行って、20時間くらい旅をしてしました。ハマっちゃうとダメなんですよね(笑)」とやりすぎを後悔する場面も。ともにイベントに出席した中村倫也は「良い子はまねしないで。気をつけながら楽しんでいただけたらと思います」と笑いながら返していた。

 さらに田中は「アンドレアルのS(のこころ)がほしくて。ランニングで『Sが出るまで帰れません!』と自分でやっていたんです。2、3時間で出るだろと思っていたんですけど、走りすぎてひざが限界で。遠くまで来ちゃってひざが痛かったからタクシーに乗って帰ったんですが、そのときにSが出たんですよ!」と不思議なめぐりあいを明かしてくれた。

 田中と中村が兄弟役で出演する新CMは12日から放送。テレビで「嘘つきの兄」篇が放送されるほか、テレビCMと連動する1周年ドラマがスペシャルサイトで公開される。