29日夜に救急搬送された歌手の加山雄三(83)が、軽度の小脳出血を発症していたと2日、所属事務所が公式サイトを通じて発表した。当面の間芸能活動を休止し、治療に専念するという。

【写真】海が似合う!永遠の若大将加山雄三

 サイトでは「8月29日夜21時ごろ、自宅にて誤嚥による嘔吐で救急搬送されておりましたが、咳き込んだ事が原因で軽度の『小脳出血』を起こしていたことが分かりました」と説明。

 「主治医による診断では、現時点では出血の拡大はなく容態は安定しておりますが、引き続きの治療と慎重な経過観察が必要である。との事から当面の芸能活動を自粛し、治療に専念して参りたいと存じます」と報告した。

 加山も「トレーニングしたあとの水がうまくてさ、がぶ飲みしちゃったんだよな。年相応の飲み方をしなきゃね…体調万全にしてまた元気でみなさんにお会いします。それまで待っててください!」とコメントを寄せている。