女優の羽田美智子が、4年ぶりのエッセイ本『羽田さんに聞いてみた、小さな幸せの見つけ方』を10月9日に発売する。忙しい日々の中でも、前向きに美しく生きるための“哲学”が詰まった、羽田ならではの一冊となる。書籍の予約はきょう2日から開始、発売イベントも予定している。詳細は後日発表。

【写真】小さな幸せの見つけ方について語った羽田美智子

 女優デビューしてから32年間、芸能界の荒波を歩み続け、今もなお多くの作品に出演し、お茶の間に愛され続ける羽田。その優しくも柔らかな魅力から、ドラマ・映画・ラジオなど、その活躍は多岐にわたり、根強い支持を集め続けている。今年の9月24日で52歳を迎える羽田は、“52歳で人生が一度リセットする”という考えを持っており、改めて自らの生き方や仕事への想いを本書で語っている。

 羽田は「女優の道を歩みだして32年。人生の酸いも甘いもそれなりに経験して、私もとてもいい年齢になってきました。幸せになりたいとひたすら歩んできた道。振りかえれば、幸せとは日常の中に小さく小さく微笑んでいるものだと気づかされます」。

 「私の根底にあるもの、信念、暮らし方、考え方、幸せとの出会い方、など、この度の本の中で思いつくままにお話しさせていただいています。先輩や同世代の方と共感したり、私達の後ろを歩いてくる可愛い後輩達の何かのヒントになれば幸いです」とコメントを寄せている。

 近年では、羽田家に代々伝わる屋号“羽田甚”を継承する形で、自らが本当に良いと感じたものだけを紹介・販売するオンラインセレクトショップ『羽田甚商店』をオープンし、その品質の高さから羽田甚ファンが生まれるなど、女優業以外にも羽田美智子らしく暮らしを豊かにする活動を精力的に行っている。

 そんな羽田が、日々大事にしている日本の自然や文化、四季の移ろい、これまでの仕事の中での出会いや思い出、さらには、自ら実践している衣食住の工夫などが語られる本書。さまざまな暗いニュースが飛び交う今だからこそ、手にとった人の暮らしを明るく照らしてくれるきっかけとなるかもしれない。