俳優の伊藤健太郎が主演を務める映画『十二単衣を着た悪魔』(11月6日公開)の予告映像とポスタービジュアルが2日、解禁になった。

【動画】映画『十二単衣を着た悪魔』予告映像初解禁

 原作は、脚本家・小説家の内館牧子氏が「源氏物語」を題材に、奔放で強い女性によって成長していく青年の姿を描いた長編小説『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』。メガホンをとるのは、女優として活躍し、『嫌な女』(2016年)で監督デビューを果たした黒木瞳。

 伊藤が演じるのは、就職試験59連敗中の実家暮らしのフリーター・伊藤雷。“悪魔”と例えられることもある弘徽殿女御を三吉彩花が演じ、伊藤沙莉、伊勢谷友介、兼近大樹らが出演する。

 初解禁となった映像は、彼女にふられ、家にも居場所のない伊藤が、バイト先でもらった「源氏物語」のパンフレットを手に雷に打たれ、源氏物語の世界へタイムスリップするシーンでスタート。現代から持ってきた薬で、弘徽殿女御付きの陰陽師として新しい人生を歩みだし「ちゃんと生きないと!」と決意を新たにする伊藤のせりふで締めくくられている。