お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号が、2日放送のフジテレビ系バラエティー『TOKIOカケル』に初登場。実はTOKIOとは “94年デビュー”の同期ながら、グループとして共演するのは今回が初。デビューから26年たった今、アイドルとして、芸人として芸能界をけん引してきた男たちの“ぶっちゃけ話”がさく裂する。

【写真】田村淳、TOKIOと“社長トーク”も

 グループ共演は初めてだが20年前、ロンブーがMCを務めていた同局バラエティー番組『赤ちゃん金ちゃんしゃべる部屋』(2000年4月~2001年9月)に松岡昌宏がゲスト出演していた。当時松岡は23歳で、淳は26歳、亮28歳、当時のVTRを見ながら「お互いけん制し合っているね」と苦笑い。松岡は「ちょうどいろいろ負けたくない時期だった」、淳は「同期なのにね…」と当時を懐かしむ。

 そんなTOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画『生まれてはじめて聞かれました』では、長瀬智也が「ロンドンブーツの未来予想図は?」と質問を投げかける。2019年12月に(株)LONDONBOOTSを設立し、社長を務める淳が「お互いに話したことも聞いたこともない」という思いを語る。それを聞いていた国分太一らは「僕らの掲げているものと似ている」と共感。(株)TOKIOの社長に就任する城島茂が淳と公開契約する場面も…社長にしかわからない(?)共感しまくりの“社長トーク”も展開される。

 山口県と大阪府出身のふたりがコンビ結成に至るまでの“ロンブー誕生秘話”や、歌やダンスを披露する人が多い“ホコ天”をあえて活動の場に選んだ理由にも迫る。また、「最初で最後」というケンカエピソードも披露。なんと同局での番組の撮影中にぼっ発したケンカを、生々しい当時のVTRと共に振り返るほか、「手のひらに長い棒を乗せてバランスをとるのが得意」という淳と共に、その実力を検証するため全員でバランス対決を実施。デビューから26年たち、40代となった男たちが全力で取り組むアツい一面にも注目だ。

 今回の初共演に淳は「めっちゃ楽しかったです! 同世代ながら、一緒に仕事する機会があまりなかったのですが、心を許せているような、昔からの友達に会っている気分でした」とすっかり打ち解けたようで亮も「TOKIO全員が一緒になるとまた空気が違うのか、俺らがこれくらいの年代になったからなのか、今日はとても楽しかったです。TOKIOは男臭いイメージもあるから、僕らとは感性が近くて、すごく気持ちよくトークさせていただきました」と親近感を抱く。

 淳は「ジャニーズの中でも世代が近いので話しやすいんだろうなと予想しつつ、これまで話す機会がなかったのでどうかなと思いもしましたが、イメージ通りでした。とても話しやすかったです。『赤ちゃん~』の時はお互いに片意地はっていたな、と」と苦笑しながら亮は「VTR見て『こんなんだったっけ!?』と驚きました。今さらながら、反省しました(笑)」と印象の変化を実感していた。