俳優の梅野泰靖さんが、8月25日午前8時50分に老衰のため亡くなった。87歳。所属する劇団民藝が9月1日、公式サイトで発表した。

梅野泰靖さんのプロフィール

 梅野さんは1933年7月14日、東京生まれ。高校在学中の1951年に民藝少年劇第2回公演『山びこ学校』に主演として抜てきされ、1954年に劇団民藝に入団した。舞台『イルクーツク物語』ラプチェンコ役、『初恋』スラーワ役、『山脈』山田浩介役を演じた。2000年代は『桜の園』ロパーヒン役、『その人を知らず』貴島宗太郎役を務め、最後の舞台は2013年の『夏・南方のローマンス』検察官役だった。

 映画は『幕末太陽傳』『男はつらいよ 寅次郎恋歌』などに出演。『ラヂオの時間』など三谷幸喜監督作品にも多数出演していたほか、ドラマ出演や吹き替えでも幅広く活躍した。

 葬儀は8月30日に家族のみで執り行われた。