俳優の葉山奨之(24)が1日、都内で行われた映画『キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN!~』の公開決定イベントに出席。先月末に一部で歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(27)との交際が報じられて以来、初めて公の場に姿をみせた。去り際には報道陣から質問を受けたが、軽く会釈する程度に留め、無言で会場を後にした。

【動画】きゃりーとの交際報道について質問を受ける葉山奨之

 同映画は、「観たら今すぐキスしたくなる」をテーマにしたロマンティックコメディ。内気な主人公が、キスによって恋人たちのよりを戻すという奇妙な会社「恋愛コンサル」への出向を命じられ、次第に前向きになっていく姿を描く。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたが、今月4日より公開される。

 キャストとの共演秘話に花を咲かせた葉山は「堀田(茜)さんとのシーンは、とにかく“いい匂い”がした記憶があります。堀田さんとのシーンはリラックスしてましたね」と回顧。これには堀田も「キスシーンや近づくシーンが多かった。クサくなくてよかったです」と笑いながら切り返し「すごく気さくで打ち解けるのが早かった。男気があって引っ張ってくれたので頼りがいがありました」と感謝した。

 また、葉山とは「同じ高校で同じ学年、隣のクラスだった」という八木アリサ(25)は「当時から人気者で友だちがたくさんいた。(今作の現場では)大人になって、リーダーとして引っ張ってくれた」と告白。同級生からの称賛された葉山は「高校が一緒なので照れくさくて、変な感じは最初にありましたけど、一緒の高校だったからこそ、すぐに打ち解けられた。壁とかなかったですね」と笑顔を浮かべていた。

 その後、作風になぞらえて「理想のキス」を問われた堀田は「女の子は、不意打ちのキスに弱いんじゃないかな。中学、高校と女子校だったので少女漫画を見て胸キュンしてきたので憧れてます」。葉山は「恥ずかしがり屋で緊張しちゃう。『キスしていいですか?』と聞いちゃう。承諾を得ないとキスしちゃいけないのかなって…。僕も不意打ちでキスしてみたい」と話していた。

 イベントにはそのほか、主題歌を担当した井上苑子(22)が出席し、塚本高史(37)、松本花奈監督(22)がVTRコメントを寄せた。