お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太がMCを務める、TBS系のバラエティー特番『ダンナの昼顔』が9月3日に放送(後8:00)。昨年12月に、土曜☆ブレイク枠(後2:00)で放送した第1弾が好評を得て、今回はゴールデンタイムでの放送となり、パネラーにギャル曽根、篠田麻里子、高橋愛、高橋ユウ、野々村友紀子、森泉、やしろ優、若槻千夏、ゲストにSixTONESのジェシーが出演する。

【場面カット】ジェシー出演『キワドい2人』山田涼介&田中圭の”父親”椎名桔平

 番組では「妻が初めて“ダンナの仕事姿”を見たら・・・?」をテーマに「働いているダンナの姿」を見たことがない妻の「昼間何をしているの?」という疑問に答えるべく、昼間の夫に密着カメラが潜入。夫が仕事や家族に対して抱いている思いに迫る“夫のお仕事のぞき見バラエティー”となっている。

 今回は、メガバンクから女性下着メーカーへ転職した“元・半沢直樹”のダンナや、人気外食チェーン店で歴代売り上げNo.1のダンナ、星野リゾート総支配人のダンナ、奥様に大人気の売れっ子司会者のダンナに密着。さらに、“ダンナの昼顔スクープ”と題し、パネラー陣の“夫の昼顔”にも迫り、妻に内緒にしていたスクープを激撮する。

 出演者で唯一独身であるジェシーのリアクションにも注目。収録を終えて、山里がコメントを寄せた。

■山里亮太
『ダンナの昼顔』ってタイトル、かなり怪しいですよね。番組のスタッフから「この番組をきっかけに、夫婦に亀裂が入るかもしれない」と説明を受けた時、マジでヤバいなって思った反面、そのヤバいことに関われるというゾクゾク感がありました。衝撃を受けましたね。ただ僕が思ったのは、昼間に一生懸命働いているダンナさんの姿を見ると、家で何もしていない姿に対しても、見方が変わってくるんですよね。
家ではグータラしているダンナさんをポジティブに捉えることができる。それって不思議な現象だと思うんです。日常のこういう切り取り方で感動を生む、それがこの番組のすごいところだと思います。そんな陰と陽を併せ持つ番組に関わることができてラッキーだと思います。ただ、今回の放送後、一組の芸能人夫婦が揉めると思います。しかもけっこうな揉め方で…。