歌手の加山雄三(83)が29日に都内の自宅から緊急搬送されていたことが31日、分かった。誤嚥(ごえん)を起こし嘔吐の症状があったが、意識はあり、命に別条はないという。現在は都内の病院に入院し、検査・治療を受けている。

【写真】海が似合う!永遠の若大将加山雄三

 加山は1937年4月11日生まれ、横浜市出身。1960年に映画『男対男』でデビュー。翌年に映画『大学の若大将』で主演を務め、以降『若大将シリーズ』として人気を集めた。また歌手としても活躍しており、1965年にリリースしたシングル「君といつまでも」が大ヒットを記録した。2019年11月には軽い脳梗塞を発症し、約2週間入院していた。