漫画『キミオアライブ』などで知られる作者・恵口公生さんが、19日に死去したことが29日、わかった。23歳。講談社が公式サイトで発表した。

【画像】生々しい連載終了のお告げ…赤裸々に明かした恵口さんの漫画

 公式サイトでは「漫画家 恵口公生先生が令和2年8月17日に緊急入院され、その2日後に享年23歳にて逝去されました。先生のあまりにも早すぎる訃報に接し、心よりご冥福をお祈りいたします」と報告。

 続けて「『月刊少年マガジン』で連載中の『キミオアライブ』は、やりたいことが多すぎる少年が、夢に向かって仲間たちと突き進んでいく、眩いばかりの青春を描いた物語です。恵口先生は読む人の心に届く力強さとあたたかさを併せ持ち、多くの読者を魅了する才能あふれる作家でした。まだまだ描きたいテーマや伝えたい想いをかかえ、奮闘する中でのことでありました。編集部としても今後の活躍を確信し、大いに期待していただけに、深い悲しみを禁じえません」と惜しんだ。

 「読者の皆様のこれまでのご愛顧に深く感謝を申し上げると共に、謹んでご逝去の報告を申し上げます。なお、通夜および葬儀はご親族・関係者によって執り行われました」と伝えている。

 『月刊少年マガジン』(講談社)で連載中の『キミオアライブ』は、やりたいことが多すぎる高校一年生・長谷川君生は、やりたいことで生きていきたい。この気持ちを「夢」って言いたい。そんな彼がたどり着いた夢を叶える方法が描かれた、ユーチューバーを題材にした青春物語。