新型コロナウィルス感染拡大の影響により、公開延期となっていた『劇場版 仮面ライダーゼロワン』(仮)、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE』(仮)の公開時期が決定。『劇場版 仮面ライダーゼロワン』は12月18日に、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE』は来年新春に公開となる。

【全身カット】禍々しさがあふれる仮面ライダーエデン

 「令和仮面ライダー」シリーズの第1作目、人工知能=AIが導入された新時代の日本で生まれた悪と戦い、人間の「夢」と「情熱」を訴えていくストーリーで、放送が終盤になるにつれ話題を呼んだ『仮面ライダーゼロワン』。きょう30日放送の最終回に、伊藤英明が演じる“謎の男”仮面ライダーエデン/エスが突如、登場した。

 最終回に続いて、『劇場版 仮面ライダーゼロワン』への出演と、そのビジュアルが同時に解禁となった。伊藤が演じるエスは『ゼロワン』最終回でアークの秘書であるアズに渡されたプログライズキーとドライバーを装着し仮面ライダーエデンに変身。仮面ライダーエデンは、全身を駆け巡る血管のような輝くラインがあしらわれており、暗闇の中でも怪しく目立つデザインで、物々しい雰囲気をかもし出している。「この世界を破壊し、楽園を創造する」と怪しげなせりふを放ち、最終回に強烈な印象を残した謎の男“エス”の目的は一体…?

 新たに出現した謎の男に対して、或人たちはどんな戦いを繰り広げるのか。『仮面ライダーゼロワン』最終回に続く、劇場での熱い展開に期待が高まるばかりだ。また、伊藤は毎週欠かさず仮面ライダーの放送を見ている、熱烈な仮面ライダーファン。それだけに、感慨もひとしおで、「息子が一心に熱い羨望を向けている仮面ライダーゼロワンに嫉妬心を抱いていた」とコメントしている。

■伊藤英明コメント
 この度、仮面ライダーゼロワンに仮面ライダーエデン/エス役として出させていただくことになり大変興奮しております。

 幼少の頃より仮面ライダー、特にスカイライダーは自分の中で永遠のヒーローでありましたが正直大人になるにつれ、その存在は自分の中で薄くなっていました。しかし、今年5歳になる息子の心を掴んで離さない令和第一弾目となる仮面ライダーゼロワンを、初めは自分も父親として仮面ライダーを観るのか、と感慨深い気持ちで一緒に見始めたところ、息子同様、いや、それ以上にハマっている自分がそこにいました。

 そして息子が一心に熱い羨望を向けている仮面ライダーゼロワンに、同じテレビに出ている人間として『俺はなぜその羨望を受けられないんだ!!』と嫉妬心を抱いたのです(笑)。子供の頃から何度やってもリアルに出来ない変身を40年の時を経てさせていただいた事にもいたく感動しております。

 ぜひ、仮面ライダーゼロワンの最期をエスとして大いに盛り上げて行きたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。